HOME > 整備レポート > スバル修理 > スバルレガシィアウトバック修理
 

スバルレガシィアウトバック修理

スバル レガシィアウトバック ABS警告灯点灯 ABSモジュール中古修理

DSC_2214

スバル レガシィアウトバック ABS警告灯点灯症状にてご入庫です

早速ピットにて診断を進めていきます

DSC_2217

お車は写真のようにVDCの警告灯が点灯したままです

テスター診断機にてお車に残っているエラーをチェックしていきます

DSC_2218

診断の結果、ABSモジュールの不良が判明!

今回点灯していたのはVDC=横滑り防止の警告灯でしたが、基本的には

トラクションコントロール(空転防止)も横滑り防止機能もABSの拡張機能ですので、

基本的にはABSシステムの診断が必要になります

 

ABSモジュールは写真赤丸部のカバーの奥!

DSC_2219

カバーを外すと原因のABSモジュールとご対面!

パイプが何本も刺さっているのがABSモジュールです

ABSの頭脳に当たり動作をコンピュータで判断し、実際の制御まで一手に

このABSモジュールが引き受けていきます

DSC_2220

DSC_2221

お客様にお見積りをご確認頂き、ご了解を頂きましたので実際に修理していきます

新品はなかなかの高額になりますので、今回は中古のモジュールで対応します

 

ABSモジュールを取り外し、中古のモジュールに交換していきます

DSC_2222

沢山刺さっているパイプは全てブレーキの配管!

パイプの中にはブレーキフルード(ブレーキオイル)が入っています

外したタイミングでエアが混入してしまうので、作業後はブレーキフルードの

エア抜き作業が必要になります

 

ブレーキフルードのエア抜き(交換)を行い、エラーの消去を行えば作業完了!

DSC_2216

無事警告灯も消えました

最後に各部仕上げ、テストドライブを行ってからご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

☆キャンペーンの詳しい情報はコチラから!☆

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


修理
コバモのお勧めメニュー
点検・診断
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
多彩な修理パーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2021’ kobayashi- motors All Rights Reserved.