BenzE320車検

メルセデスベンツ E320 W211 車検(法定24ヶ月点検)

DSC04484

メルセデスベンツ E320 W211 車検にてご入庫です

当店を永い事ご利用頂いているリピーター様です!

いつもありがとうございます

 

小林モータースの車検は国が定めた法令24ヵ月点検項目79箇所に、

当社オリジナルの点検項目135箇所を加えた計214箇所がチェック項目になります

 

ただ単純に車検が通ればOK!という考え方でなく、当社では車の健康診断・総合

メンテナンスの機会と考えています

勿論、だからと言って「アレもコレも交換です」ではなく、使用状況や劣化の

優劣等から優先順位を決めてメンテナンスのご提案を行います

 

診断はピットにてリフトアップ後、アンダーカバー等を外してからスタート

エンジンからブレーキ関係、足廻りなど隈なく診断していきます

DSC04542

ブログですので点検とメンテナンスが同時になってしまいますが、

実際には一通り診断後、お見積りを作成、お客様とお打合せ後、

修理作業を進めていきます

 

まず発見したがのファンベルト周りのトラブル!

写真赤丸部、ファンベルトの張りを出す為のテンショナーと呼ばれるパーツです

一見何ともなさそうですが・・・

DSC04543

アップでみるとプーリー(ベルトが掛かるローラ部分)からファンベルト

がはみ出しています

赤矢印部、プーリーから数mmベルトがはみ出し、ベルト裏面が露出している

のが分かると思います

 

これはテンショナープーリーのガタやテンショナー部の劣化による症状!

このまま放置してしまうと、何れは突然ベルトが外れてしまうトラブルを

引き起こします

 

輸入車は大分前より1本掛けのファンベルトが主流ですので、一度(一本)外れ

てしまうと発電不良、オーバーヒート、パワステ効かない等、怖い症状が一気

に出てしまいます・・・!

勿論自走も不可の状態になりますので、そうなる前に修理したところです!

DSC04547

DSC04550

修理はファンベルト、テンショナー、アイドラプーリーの基本3点セットで

交換します

交換後はプーリーの中心にベルトがバッチリきているのがわかると思います

DSC04539

その他はいつも来て頂いているリピーター様なので大きな故障個所もなく

各部好調でした

 

汚れていたエアクリーナー、エンジンオイルやブレーキフルード等油脂類の

交換、各部増締め、調整等を行い車検整備完了です

DSC04553

最後に車検とは関係ありませんが、お客様からご依頼頂いていたドアロック

の修理を行います

 

症状は助手席側のみ、ドアをロックするとダダダダダダッとロックのロッドが

上下に連打するというもの!

この年代のW211、W203等では定番の故障個所です

DSC04561

DSC04562

原因はドアロックアクチュエーター!

VW、Audi系では開かなくなる、閉まらなくるという症状で有名!?なパーツです

 

ドアトリム(内貼り)を取り外し、ドアロックアクチュエーターを交換すれば

こちらも修理OK!無事ドアロックも復活です

 

新たに車検取得後、メンテナンスインターバルのリセットを行いご返車させて頂き

ました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

☆キャンペーンの詳しい情報はコチラから!☆

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


修理
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
リサイクルパーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2020’ kobayashi- motors All Rights Reserved.