HOME > 整備レポート > スバル修理 > スバルレガシィ修理
 

スバルレガシィ修理

スバル BP型レガシィ 冷却水漏れ修理 社外(OEM)ラジエター交換

DSC_8785

スバル BP型レガシィ 冷却水漏れ症状にてご入庫です

お車はオーバーヒート等までは至っていませんが、冷却水特有の甘ーい

に匂いが車の周りに漂っています・・・

この臭いがするという事は冷却水漏れでほぼ間違いありません!

 

早速ピットにて診断を進めていきます

DSC_8786

漏れの診断を進めていきます

冷却水回路自体に専用のテスターで圧力を掛けて、漏れてくる所を探します

 

そもそも車の冷却システムは冷却水自体の熱を利用して圧力を掛け、沸点を

上げる事を利用しています

ですのでテスターで圧力を強制的にかけて、走行時(温間時)の環境を

再現して診断する必要があります

DSC_8789

圧力を掛けて診断するとラジエター本体から漏れを発見!

定番ですが、ラジエターの樹脂部分のクラック(割れ)です

 

爪先程の小さな割れですが、先ほどの通り圧力が掛かりますので、微細な

割れからもドンドン漏れてきてしまいます

DSC_8787

またメインの漏れ箇所ではありませんでしたが、ラジエターをエンジンを

繋ぐホースからも僅かですが漏れを発見!

緑・白っぽく結晶になっているは漏れた冷却水(クーラント)が乾いた

跡になります

DSC_8793

お客様にお見積りをご確認頂き、修理を進めていきます

修理は割れていたラジエターをそっくり交換していきます

 

スバルの水平対向エンジン車は基本が縦置きエンジンのレイアウト

ですので作業性も良好!

サクサクッと取り外していきます

DSC_8794

DSC_8792

今回ラジエターは小林モータースでは定番の社外(OEM)のラジエターを使用!

純正同等の性能でありながら、金額はリーズナブルに仕上げられます!

 

またエンジンと繋ぐホース(アッパーホース・ロアホース)も同時に交換します

先ほどのホースの口から滲み漏れていた部分ですね!

これもゴムのホースが硬化し弾力が無くなることで密着不良、冷却水漏れを

引き起こします

 

基本的に冷却水周りの修理ですと、どんなパーツを交換するにしても「作業前に

冷却水を抜く」「作業後には冷却水を充填する」という工程が入りますので、一度に

交換してしまえばこの辺りの重複は防ぐ事ができますので、結果的にお得ですね!

 

ラジエター一式を交換すれば作業完了!

新たに冷却水を充填、漏れが止まった事を確認してからご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

☆キャンペーンの詳しい情報はコチラから!☆

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


修理
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
リサイクルパーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2020’ kobayashi- motors All Rights Reserved.