HOME > 整備レポート > レクサス修理 > レクサスLS460修理
 

レクサスLS460修理

レクサス LS460 ABS・VSC警告灯点灯修理 ABSモジュール交換

DSC_8805

レクサス LS460 ABS・VSC等 警告灯が多数点灯症状にてご入庫です

症状としてはエンジンを掛けるとメーター上が非常に賑やかな状態・・・

 

早速ピットにて診断から進めていきます

DSC_8806

テスター診断の結果、原因はABSの制御自体を行うABSモジュールの不良を

確認することが出来ました

LS460では結構多いトラブル症状です!

 

ABSモジュール自体は写真赤丸部の当たりです

取りあえずカバーが掛かっていて何もみえませんね・・・!

DSC_8807

お客様にお見積りをご確認頂き、修理を進めていきます

 

カバー類を外すと今回交換するABSモジュールが見えていきます

写真赤丸部が今回交換するABSモジュールです

DSC_8808

DSC_8809

写真でも大分奥まっているのが分かると思いますが、実際に作業するにも

中々大変です

タンクやパイプ、コンピューター等回りから外していき交換していきます

DSC_8812

DSC_8811

写真上が今回メインのABSモジュール本体!

輸入車では結構色々なメーカーで壊れるでお馴染みの部分です

写真下のブースターポンプとセットで交換していきます

 

交換後は抜けてしまうブレーキフルードのエア抜き作業が必要なのですが、

こでも一手間かかります!

LSの場合はテスターにて各部を設定しながら指示に従ってエア抜き作業を

進めていきます

パーツの構成やトラブルの仕方、作業の雰囲気は輸入車の枠に入りますね

DSC_8816

DSC_8817

DSC_8818

また同じくブレーキ廻りですが、全く別件でブレーキ残量が殆どありません

でしたのでこちらも同時に交換を進めていきます

 

これも輸入車の様ですが・・・前後とともブレーキパッドとディスクローター

をセットで交換していきます

 

最後に各部仕上げとチェックを行えば作業完了!

テストドライブを行い、警告灯が点灯しない事を確認してからご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

☆キャンペーンの詳しい情報はコチラから!☆

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


修理
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
リサイクルパーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2020’ kobayashi- motors All Rights Reserved.