BMW525i修理

BMW 525i E60 エンジンオイル漏れ修理

DSC04041

BMW 525i E60 エンジンオイル漏れ症状にてご入庫です

地面に滴る程ではないですが、以前より他店で指摘されていたとの事!

「そろそろ直そうかな・・・」と今回はご依頼頂きました

 

早速ピットにて診断を進めていきます

DSC04042

リフトアップし、カバー類を外して診断していきます

結果的には大きく漏れていたのが写真赤矢印部、オイルフィルターが入る

入れ物に当たるフィルターブラケットと写真青矢印、エンジン一番上の

カバーに当たるヘッドカバーパッキンからによるものでした

 

BMWではエンジンに関わらずトラブルの多い箇所です

DSC04051

輸入車の場合は立派なアンダーカバーが車体下部をシッカリ覆っているので

地面にオイルが垂れる、垂れないで判断するのは危険です

 

今回も上記以外の所からもちょこちょこ漏れがあり、結果的にはかなりの

漏れ量でしたがやはりアンダーカバーがあるので地面には滴ってはいませんでした

 

ただだからと言ってオイル漏れ放置はやはり良くありません

特に今回の様にエンジン上の方から漏れて下に垂れてくるのが一番ダメなパターン!

例えば写真は電動ウォーターポンプ部になりあますが、漏れたオイルが垂れて濡れて

います

このまま放置すると電動ウォーターポンプ不良になりかねません・・・

DSC04075

こちらは実際に修理している写真になってしまいますが、こちらは冷却水のホース!

これも漏れたオイルが付着する事でボロボロに劣化してしまいます

今回も外した時点で折れて(崩れて)しまったので同時交換させて頂きました

 

この様にオイル漏れは漏れる事より、漏れたオイルが電気モノ、ゴム樹脂モノ

を壊してしまう2次トラブルの方がたちが悪いです・・・!

またマフラーや触媒といった高温部もありますので勿論それらに漏れたオイル

が触れると火災の危険性もあります

DSC04081

お客様にお見積りをご確認頂き、修理を進めていきます

まずはヘッドカバーパッキンの交換です

エンジンヘッドカバーを取り外し、パッキンを交換します

DSC04082

綺麗に清掃してから新たなパッキンに交換、組み直していけば完了です!

DSC04061

続いてはオイルフィルターブラケットパッキンの交換

こちらもアップで見ると、ジュクジュク漏れているのが分かると思います

DSC04105

DSC04108

こちらもブラケットを一度取り外して、綺麗に清掃新たなパッキンで組み直します

DSC04084

エンジン側も綺麗に面だししてから取付けていきます

 

また写真赤丸部、オイル漏れとは別件ですが、ファンベルトのテンショナー

が劣化しファンベルトが外れかかっていましたので同時に修理を行います

DSC04117

こちらも輸入車では定番のファンベルトセット!

ファンベルト、テンショナー、アイドラプーリーと3点セットで交換します

 

最後に漏れていたオイルを綺麗に清掃し、再度漏れが無い事を確認してから

ご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

☆キャンペーンの詳しい情報はコチラから!☆

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


修理
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
リサイクルパーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2020’ kobayashi- motors All Rights Reserved.