BMWMINI修理

BMW MINI R56 キーロック警告灯点灯 CASモジュール交換

DSC00852

BMW MINI R56 キーロック警告灯点灯症状にてご入庫です

早速ピットにて診断を進めていきます

DSC00815

お車はこんな風にハンドルに南京錠が付いた様な警告灯が出ています

 

この警告灯は非常にマズいです・・・

MINIだけでなくBMWでもそこそこある警告灯点灯症状ですが、場合によっては

エンジンが全く掛からなくなるどころか、ハンドルロックも外れず、キーON

にもならない・・・なんてどうしょうもない壊れ方をする部分です

 

今回はまだ警告灯点灯だけで、エンジン始動可能でしたので一安心・・・笑

ハンドルロックも外れず、不動状態ですと人力で押したとしても基本的に前後方向

のみしか動きませんので、ピットに入れるだけでも大変な作業になってしまいます

DSC00842

テスター診断の結果、原因はCASと呼ばれるシステムのコンピューターの故障!

CASはキーのロックその他を管理しているコンピューターで、キーと通信を行い

「このキーでOK」と判断すると、エンジンやその他コンピューターに

「起動して大丈夫だよ」と働きかける動作を受け持っています

要するに車の主電源操作にあたる様なコンピューターです

 

なのでこれが壊れてしまえば、ウンともスンとも・・・というのがお分かり

頂けれると思います

 

お客様にお見積りをご確認頂き、修理を進めていきます

DSC00834

今回交換するCASユニットですが、これがMINIの場合ちょっと大変・・・

室内内装類をバラバラにしていき、写真の様にダッシュボード上部を

取り外します

 

写真赤丸部の四角い箱が今回原因のCASユニットになります

DSC00838

本来、ディーラ以外への外販が禁止されているパーツですが・・・

当店は何やらかんやらで入手可能です!

新たなコンピューターに交換していきます

DSC00841

新たなCASユニット(コンピューター)を交換すればOK・・・ではありません!

ここからもう一手間!テスターにてプログラミング(初期のデータ書き込み)

を行わないとまともに作動しません

 

純正テスターにて無事にプログラミングも終え、エンジン始動OK!

表示されていたロックの警告灯も消えましたのでご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

☆キャンペーンの詳しい情報はコチラから!☆

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


修理
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
リサイクルパーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2020’ kobayashi- motors All Rights Reserved.