HOME > 整備レポート > スバル修理 > スバルレガシィ修理
 

スバルレガシィ修理

スバル BHレガシィ ミッション異音修理 リビルトミッション交換

DSC_8764

スバル BHレガシィ 走行中異音症状にてご入庫です

症状としては走行中に車両下の方からゴロゴロ・ガラガラ中々凄い異音が

でているとの事・・・!

テストドライブを行うと確かにかなりの音量で異音が発生しています

流石に「これは走れなくなってしまうのでは?」と直ぐに不安になるレベル

の異音です

DSC_8765

DSC_8766

ピットにて診断を進めていきます

異音を作為的に出しながら、音の発生源を絞り込んでいきます

 

今回は診断の結果、オートマミッション内部より異音が出ているのを確認!

ここからミッションを取り外し、分解、内部を診断後オーバーホールして

修理というのが昔ながらの「基本」な直し方ですが、実際にはオーバーホール

にかかる工賃、時間、パーツ代を考えると中古やリビルト(再生中古)に

乗せ換えてしまった方が手っ取り早く、またお安く上げる事が出来る

といというのが実際の所です

DSC_8768

お客様にお見積りをご確認頂き、ご了解を頂きましたので修理を進めていきます

早速原因であったミッション本体を取り外します

スバルの水平対向エンジンは基本的に縦置きレイアウトですので、

ミッションはFR車の様な形状です

ただ写真に写るミッションの右下側にフロント側のドライブシャフトが

取りつく部分がAWD(4WD)の証ですね

DSC_8770

DSC_8773

今回はお客様の方でもまだまだ乗たい!との事でしたのでリビルトミッション

交換にて修理を行います

 

リビルトは再生された中古パーツの事で、ミッションで言えば内部のクラッチ

等消耗品を交換されている状態で販売されているパーツになります

簡単に言えばオーバーホール済みと言う事ですね!

 

新たなミッションを車両に組み付け、ATFを新規に充填すれば作業完了!

無事異音も無くなりましたし、リフレッシュしたミッションですから乗り味も

復活です!

各部異常が無い事を確認してからご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

☆キャンペーンの詳しい情報はコチラから!☆ 

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


修理
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
リサイクルパーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2020’ kobayashi- motors All Rights Reserved.