HOME > 整備レポート > ダイハツ修理 > ダイハツミラジーノ修理
 

ダイハツミラジーノ修理

ダイハツ ミラジーノ オルタネーター取り付けボルト破損修理

DSC00793

ダイハツ ミラジーノ エンジンからの異音修理にてご入庫です

異音はエンジンからギャーギャー・ゴトゴトかなりの音が出ています・・・!

 

早速ピットにて診断から進めていきます

DSC00794

リフトアップし、診断を行うとオルタネーター(発電機)を止めている

ボルトがありません・・・

オルタネーターは当然ガッチリボルトでとめられ、ファンベルトで

エンジンによって回されて仕事をしますので、固定ボルトが無ければ

当然ガチャガチャと好き勝手動いてしまいます

上記の異音も納得ですね・・・!

DSC00799

前回作業した人間が閉め足りなかったのか、なかなか考えられませんが

たまたま振動で緩んでしまったのか、とにかくボルトが無いので

「じゃあ新しいボルトを付けてOKかな」っと思っていたのですが、

結果的にそうはいかず

 

実際にはボルトが途中で破断しており、受け側に残骸が残っている状態です

これをとらない事には新たなボルトも取付ける事ができません

写真だと写真赤丸部が埋まっているのが分かると思います

DSC00806

お客様に状況をご説明し、作業を進めていきます

と言ってもこの手の復元作業は「正解」がある訳ではないので

どこまで分解すれば作業可能か?など未知数な部分が大きいので

その辺りも十分ご説明させて頂いてから作業していきます

 

最悪はエンジン脱着も考えながら、まずはエンジンをフレームごと半降ろしにし

スペースを作って作業を進めていきます

DSC00808

DSC00805

折れたボルトを抜くにはエキストラクターと呼ばれる特殊な工具を使用していきます

ドリルやその他諸々の工具を何とかエンジンルームに入れて摘出作業を進めていきます

 

今回は無事この状態で摘出OK!

手に持っているのが折れて残っていたボルトの破片です

 

エンジン側もネジ山を傷めず貫通しました!

先ほどまで埋まっていた写真がしっかりと貫通しているのがわかると思います

DSC00810

ボルトが取付けられるようになりましたので替わりのボルトを

取り付ければ作業完了

ベルト自体は傷んでいたのでベルトも同時に交換します

 

無事しっかりとオルタネーターを取付けでき、異音も消えましたので

ご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

☆キャンペーンの詳しい情報はコチラから!☆

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.