HOME > 整備レポート > スバル修理 > スバルインプレッサワゴン修理
 

スバルインプレッサワゴン修理

スバル インプレッサワゴン GF-8 パワステオイル漏れ修理

DSC_4834

スバル インプレッサワゴン GF-8 パワステオイル漏れにてご入庫です

早速ピットにて診断を進めていきます

DSC_4835

DSC_4836

パワステの方はスバルお馴染みのパワステポンプ本体からの漏れでした

年式によりポンプ自体は変わっていますが、どのポンプでも同じように

漏れやうなり音が発生するなどトラブルが多いポイントです

 

写真ではその上のリザーブタンクやホースのつなぎ目からも漏れています

DSC_4838

パワステからは話が変わりますが、同時にお客様からご依頼頂いていた

冷却水リザーブタンクからの漏れ!

こちらも写真では分かり難いですが、リザーブタンク製造時の合わせ面から

滲み漏れを起こしていました

DSC_4840

DSC_4843

お客様にお見積りを確認して頂き、ご了解を頂きましたので修理を進めていきます

今回パワステポンプ本体は中古パーツを再生したリビルトパーツにて交換

を行います

同時に接続部のパッキン等も交換しリフレッシュしていきます!

DSC_4844

冷却水のリザーブタンクは新品のリザーブタンクにそっくり交換を行います

最後にそれぞれ抜けてしまっているパワステオイルと冷却水を充填、

エア抜き作業を行えば作業完了

無事それぞれ漏れも止まりましたのでご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

☆キャンペーンの詳しい情報はコチラから!☆

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.