HOME > 整備レポート > 輸入車修理 > VWルポGTI修理
 

VWルポGTI修理

VW ルポGTI タイミングベル・ウォーターポンプ交換修理

DSC_2180

VW ルポGTI タイミングベルト一式交換にてご入庫です

 

基本的にはメンテナンスの範囲ですので診断等は特にありません

それでも追加で修理する部分等があるかチェックを行ってから

ピットにて作業を進めていきます

DSC_2181

タイミングベルトは一般的なFFエンジンですのでエンジンルーム

右側にあります

マウント類など邪魔なパーツを外してベルトを交換していきます

DSC_2184

このエンジンでは通常のタイミングベルトの他、カムシャフト同士を

繋ぐ2本目のベルトも持っているので構成部品が多いです

 

タイミングベルトにそれぞれテンショナー類、ウォーターポンプも

同時に交換します

DSC_2185

DSC_2186

マニュアルに従いエンジンタイミングを固定しながら新たなベルトを

組み付けていきます

国産車と違い、「誰がやっても分かる様に」といった造りではないので

サービスマニュアルが必須になってきます!

2本とも組み付ければ交換OKです

DSC_2187

DSC_2188

今回は同時にファンベルト、テンショナーも交換を行います

タイミングベルト交換時にはファンベルトも先に取り外しますので

「ついで」に交換可能です

 

最後に抜けてしまう冷却水を充填しすれば作業完了

各部チェックを行いご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

☆キャンペーンの詳しい情報はコチラから!☆

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.