HOME > 整備レポート > 輸入車修理 > BenzC55AMG修理
 

BenzC55AMG修理

メルセデスベンツ C55AMG W203 エンジンオイル漏れ修理

IMGP1280

メルセデスベンツ C55AMG W203 エンジンオイル漏れにてご入庫です

駐車場に止めておいても、地面にオイルの跡が付くと言う事ですので

かなりの量が漏れているようです・・・!

早速ピットにて診断を進めていきます

IMGP1282

当店意外とAMG系、BMWのM系、AudiのRS系等ご入庫頂いております

各メーカースペシャルモデルも診断、修理可能ですのでお気軽に

ご相談下さい!

 

早速診断を進めていきます

C55AMGですのでNA(自然吸気)V8 5.5Lエンジン!

まずはエンジンカバー等を外していきます

IMGP1284

IMGP1288

まず発見したのがエンジン一番上側のカバー タペットカバーと呼ばれる

部分のパッキンからの漏れです

V型エンジンですので左右バンクそれぞれにカバーがあり、どちらも

漏れを確認できまいた

この位の年式のAMGは基本的に通常のベンツと共通のエンジンを

アップグレードして搭載しているので、漏れ箇所などは通常モデルと

変わりません!

IMGP1308

続いてはリフトアップして車輌下側から点検を行います

車両下側からはリアクランクシールと呼ばれるミッションとのつなぎ目

から漏れを発見しました・・・!

こちらもベンツでは定番の故障個所です

IMGP1289

IMGP1291

お客様にお見積りをご確認頂き、ご了解を頂きましたので早速修理を

進めていきます

まずは初めに上でご紹介したタペットカバーパッキンの交換修理から

進めていきます

 

エンジン上部のタペットカバーを取り外します

カバーを取り外すとタイミングチェーン、カムシャフト、ロッカーアーム等

「これぞエンジン!」という様なメカニカルな部分が見えてきます

IMGP1321

取り外し後は洗浄、再シーリングを行い、新たなパッキンを組み付け

ていきます

特にV8はカバー自体が長いので、組み付けには結構コツがいるんです!

取り付けには規定トルク、取り付け順序を守り、確実に取り付けていきます

IMGP1312

続いてはリアクランクシールの交換を進めていきます

上でご説明した通り、エンジンとミッションのつなぎ目ですので、

基本的には隠れてしまっているパーツになります

交換するにはエンジンかミッションどちらかを外さないと直接見る

事もできません

 

実際には手間(工賃)の関係上ミッションを降ろしての作業になります

それでは早速ミッションを降ろしていきます

IMGP1314

ミッションを降ろした、エンジン側の端部にです

ここまで分解してやっと交換する事ができます

 

ベンツはA/T(オートマ)も自社開発している世界的にも珍しい

メーカーです

このA/Tが(故障は置いておいて)非常にコンパクトで良く出来ています

コンパクトでシンプルですので脱着作業も非常にやりやすいです

さすが世界のメルセデスですね!

IMGP1316

写真赤矢印部分、中央の黒いリングがクランクシール、その周りのパーツ

がシールを納めるケースになります

ベンツの場合シールとケースどちらからも漏れてきますので、漏れ量としては

多くなりやすい箇所です

IMGP1319

こちらも取り外し、洗浄後シール(パッキン)を交換、再シーリングを行い

再び組み付けていきます

 

ミッションを戻し、各部洗浄仕上げを行えば作業完了です

無事オイル漏れも止まりましたのでご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 
千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2018’ kobayashi- motors All Rights Reserved.