HOME > 整備レポート > レクサス修理 > レクサスGS350修理
 

レクサスGS350修理

レクサス GS350 リア足廻り異音修理 ショックアブソーバー交換

DSCF2093

レクサス GS350 後方からの異音修理にてご入庫です

症状としてはチョットした段差などでもゴトゴトという様な異音と、底付き感

を感じるショックがあるとの事です

 

早速ピット診断から進めます

DSCF1955

DSCF1956

お車をリフトアップ、リア足廻り各部を点検するとリアショックから、

かなりオイル漏れを起こしてるのを発見!

特に右側、(写真赤矢印)はオイル漏れが酷くショックから滴るほど

漏れています

 

これでは当然異音の原因にもなりますし、乗り心地もかなり悪かったと

思われます

DSCF2080

DSCF2081

お客様にお見積りを確認して頂き、ご了解を頂きましたので早速修理

を進めます

セダン系のお車では大概フロント側よりリア側の方が交換に手間が

掛かります

ショック上側がフロント側はエンジンルームにありますが、

リア側は多くの車種で室内のどこかにある為です!

今回のGSではトランクルーム内貼りを外すとショックの頭が見えます

車によってはシートを外したりするケースもあります

DSCF2085

DSCF2090

ショック下側もマルチリンク式の為、ロアアーム等を分解しからショック

本体を取り外します

ショックを取り外し、写真下の様にスプリングとショックを分解、

新たなショックに交換を行います

 

 

後ろ側左右のショックを交換すれば作業完了

無事に異音も底付き感も消え、GS乗り心地が復活しました!

 

今回のリアショックオイル漏れによる症状ですが、ほぼ同じ様な

足廻り形状のクラウン、マークXでも結構多いトラブルです

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


修理
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
リサイクルパーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.