HOME > 整備レポート > マツダ修理 > マツダプレマシー修理
 

マツダプレマシー修理

マツダ プレマシー オイル漏れ修理 エンジンマウント交換

DSC_0071

マツダ プレマシー エンジンからオイル漏れがあるとの事でご入庫です

早速ピットにて点検を進めていきます

DSC_0072

お車をリフトアップし、アンダーカバーを外すとカバーが既にオイルで

かなり濡れています

これだけ漏れていれば下に滴る程の漏れです

DSC_0078

漏れたオイルを辿っていくと、エンジンというよりフレームの方を

伝って漏れているのが確認できます

垂れた跡を更に辿り原因を確定してきます

DSC_0074

漏れ跡をたどり、着いた先はエンジンマウント!

エンジンとフレームを繋ぐパーツです

エンジンを直接フレームにつなげてしまうとダイレクトにエンジン振動が

伝わってしまうので、間にゴムを挟んで振動を伝わらないようにするのが

エンジンマウントになります

DSC_0194

エンジンマウントを取り外すと漏れた跡でフレームが汚れています

お客様に症状とお見積りをご説明し、ご了解を頂きましたので実際に

修理を進めていきます

DSC_0195

先ほどエンジンマウントは「ゴム」とご説明しましたが、近年の車には

マウントの性能向上の為内部にオイルが封入されているタイプもあります

今回のプレマシーもそれに該当します

輸入車では以前から搭載されていましたが、国産車でも採用が広がって

います!

 

今回はその内部に入っているオイルが漏れを起こしていました

マウント内部のオイルはオイルといっても交換したりするものではないので、

漏れを起こした場合はマウントをそっくり交換する必要があります

DSC_0199

写真では陰になって分かり難いですが、赤矢印部マウントがバッサリ

切れてしまっています

これでは当然内部のオイルも漏れてしまいます・・・!

 

フレームに付いているオイル漏れ跡を綺麗に清掃、新たなマウントを

取り付ければ修理完了です

 

オイル漏れがしっかり止まった事を確認してからご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休

 


修理
コバモのお勧めメニュー
点検・診断
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
多彩な修理パーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2021’ kobayashi- motors All Rights Reserved.