HOME > 整備レポート > 輸入車修理 > VWポロ修理②
 

VWポロ修理②

フォルクスワーゲン ポロ 修理イロイロ②  オイル漏れ修理等

DSCF2236

フォルクスワーゲン ポロ 修理諸々にてご入庫です

①ではウィンドレギュレーターを修理しましたが、引き続き②では

オイル漏れ修理等を進めます

DSCF2237

まずはエンジンオイル漏れ修理から進めていきます

こちらはお客様がご自身で点検されたそうで、オイルパンから漏れが

あるとの事でした

確かに当店でもチェックを行うとエンジン一番下、オイルを貯めている

オイルパンと呼ばれるパーツから漏れを起こしていました

 

写真では分かり難いですが、つやっぽくなっているのがオイル漏れの跡

この程度の漏れでも下に滴る程の漏れになります

DSCF2239

DSCF2244

修理はオイルパンを一度取り外し、エンジンとの接合面のパッキンを交換

します

 

取り外し後は勿論各部を清掃、面出しをした後、新たなパッキンを付けて

規定トルクにて取り付けていきます

基本中の基本かもしれませんが、ボルト類は緩過ぎても、閉め過ぎてもNG!

この様な部分であれば、閉め過ぎ(オーバートルク)でも再オイル漏れの

原因になります

DSCF2252

続いてもお客様からのご依頼事項だったATFの交換です

お客様の方で「A/Tフィルターも同時交換で」との事でしたので

単純にオイルを抜いて、入れるだけでなくオイルパンを一度取り外し、

フィルターの交換を行います

DSCF2251

A/T側のオイルパンには内部のマグネットが付いており、削れ出た金属粉

を集める役目を担っています

写真の丸いマグネットにはやはりゴミが付着していますね!

白っぽく光っているのは全て細かい金属粉です

これでも定期的にATF交換されているのですごく綺麗な方です

酷いものは鉄粉で花が咲いた状態になってしまいます

 

こちらもオイルパンを内外ともに洗浄、マグネットのゴミも綺麗に取り除いて

から再取り付けを行います

DSCF2256

交換したA/Tフィルターがコチラです

一見綺麗に見えますが、矢印部を指で一撫ですると、ご覧の通り元の綺麗な

シルバーが見えます・・・!

と言う事はやや濃いグレーに見える部分は全て汚れが付いているという事です

これだけA/T内部が汚れているのが分かって頂けたと思います

 

新品のフィルターに交換後、新たなATFを充填すれば修理完了!

 

 

各部仕上げ、確認を行ってからご返車させて頂きました

小林モータースでは今回の様な予防を含めたキッチリ修理から

「とりあえず」のピンポイント修理まで、お客様のご要望に

合わせて作業可能です!お客様のご要望をお知らせ下さい!!

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.