HOME > 整備レポート > レクサス修理 > レクサスGS350修理
 

レクサスGS350修理

レクサス GS350 エンジン異音修理 ファンベルト ウォーターポンプ交換

DSCF2776

LEXUS GS350 エンジン異音にてご入庫です

症状としてはエンジン回転に連動し、ヒュイーンヒュイーンとファンが回る様な

異音が出ています

それでは早速ピットにて点検を進めます

DSCF2777

レクサスですので点検にしろ修理にしろまずはエンジンカバーの取り外しから!

写真の様に全面にカバーが掛かっていますので、このままでは何も見えません

DSCF2778

カバーを外し、エンジンが見える様になってから点検を進めます

点検の結果、異音の原因はファンベルトの張りを出すテンショナーから

によるものでした

テンショナー内部のベアリングが劣化し、異音が発生していました

お見積りをお客様に確認して頂き、ご相談の結果テンショナーの他、

お客様からのご希望で今後の予防の為にアイドラプーリー、

ウォーターポンプも同時に交換する事になりました

DSCF2782

早速交換作業を進めます

それぞれ写真赤丸部がウォーターポンプ、青丸部がテンショナーと

アイドラプーリーになります

どれもファンベルトで回されるもので、異音の原因になりやすい

ポイントです

DSCF2785

まずはウォーターポンプから取り外します

続いてテンショナー類ですが、これが少し大変な作業になります!

一般的にはテンショナーのみ簡単に外せるのですが、このエンジンでは

写真矢印部エアコンコンプレッサーとオルタネーターを先に外さなけれ

ばなりません

DSCF2797

DSCF2789

全て外れた所で新たなパーツ類に交換をしていきます

まずはウォーターポンプから

今回「予防の為に」とのご要望で交換でしたが、実際に外してみると

僅かに冷却水漏れがありました

写真矢印部、漏れた冷却水が乾き、赤色の跡になっているのが分かると

思います

結果的に交換するタイミングとしてはベストでした!

DSCF2798

続いて異音の原因だったファンベルトテンショナーの交換です

テンショナー異音は輸入車では以前から多いトラブルでしたが、

サーペンタイン式(一本掛けベルト)が国産車でも一般化してきた為、

国産車でも多いトラブルになってきた印象です

DSCF2803

新たなパーツを取り付け、新品のファンベルトで仕上げていきます

最後に抜けてしまっている冷却水等を充填して作業完了です

 

無事に異音が消えた事を確認してからご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


修理
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
リサイクルパーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.