HOME > 整備レポート > 輸入車修理 > BenzV350修理
 

BenzV350修理

メルセデスベンツ V350 W639 バッテリー警告灯点灯修理

オルタネーター社外交換

DSCF1760

メルセデスベンツ V350 W639 バッテリー警告灯点灯にてご入庫です

走行中、突然バッテリーの警告画面(白)が点灯し、ご来店頂く間に

警告画面が赤に変わったとの事!

早速ピットにて点検を進めていきます

DSCF1747

写真の様に赤画面で警告画面が出ています

ベンツの場合白の警告画面がお知らせ、赤が急を要するトラブルの場合に

表示されるようになっています

 

早速車の発電状況を点検すると画面の表示通り発電機が不良になっており、

全く発電していない状態でした

現状はバッテリーに残ってる電気だけで動いている状態ですので

いずれバッテリー上がりを起こしエンストしてしまいます

DSCF1758

お客様にお見積りを確認して頂き、ご了解を頂きましたので早速修理

を進めていきます

毎回ご紹介していますが、Vクラスはとにかく整備性が悪いです・・・!

特にビアノからはミニバン形状にかなり無理やり縦置きV6エンジンを

搭載しているので作業スペースが極端に狭いです

DSCF1748

各部を分解し、交換作業を行う為のスペースを作っていきます

写真赤丸部が今回原因のオルタネーター!

こちらを交換していきます

DSCF1750

DSCF1751

古いオルタネーター(発電機)を車両より外します
古い方を見てみるとビックリ!

レギュレーター(オルタネーター後ろの黒い部分)が恐らく内部でショートし、

一部が焼損していました・・・!

大電流を扱う発電機ですので、火災等にならなくてよかったです

DSCF1752

DSCF1753

DSCF1755

今回修理は社外パーツ(OEM品)を利用します

純正と同程度の性能ですが、金額は純正に比べ大分お安く修理する

事ができます

 

新たなオルタネーター組み付け後、発電がしっかり行わている事を

確認しご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.