HOME > 整備レポート > トヨタ修理 > トヨタアレックス修理
 

トヨタアレックス修理

トヨタ カローラアレックス 足廻り異音修理 スタビリンク交換

DSCF1010

トヨタ カローラアレックス 足廻り異音にてご入庫です

症状としてはハンドルを据え切りした時に「ガガガガ」や「ゴンゴンゴン」と

いった感じの音が車内やハンドルに振動として伝わってくるとの事です

 

それでは早速ピットにて診断を進めます

DSCF1003

足廻り異音点検ですが、据え切りで異音が発生する今回のケースは非常

に診断しやすいケースです!

というのも、例えば「40km/h位が一番異音がでる」や「ハンドルを切り

ながらカーブを曲がると異音がする」という様な症状では走行中に足廻りを

直接診断するのは物理的に不可能なので、テストドライブしてはピットにて

点検、再度テストドライブという様な流れを繰り返す必要があります

その点その場で異音が出る今回の症状は非常に楽に診断できるという訳です

 

ピットで診断を行うと、原因も直ぐに判明しました!

今回異音の原因はスタビライザーリンクと呼ばれるパーツでした

写真赤矢印、縦に伸びる棒状のパーツが今回の原因です

DSCF1008

外したスタビリンクです

棒状のパーツの両端に写真の様なジョイントが取り付けられています

このジョイントがハンドルを切る、段差を乗り越えるといった足廻りの

動きに追従する役割をいているのですが、ジョイントの動きが渋く

なってしまっていました

その為、正常であればハンドルを切るとジョイントが「グ―――」と

滑らかに動くのですが「グッグッグッグ」と引っかかった様に動いてしまい、

その音が反響し今回の異音に繋がっていました

DSCF1006

修理はこのスタビリンクと呼ばれるパーツを左右交換すれば完了

足廻りは修理にお金が掛かるケースも多いですが、今回は上記修理だけ

ですのでリーズナブルに修理する事が出来ました

 

交換後は無事に異音が消えた事を確認し、ご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.