HOME > 整備レポート > ホンダ修理 > ホンダオデッセイ修理
 

ホンダオデッセイ修理

ホンダ オデッセイ エンジン始動不良修理 スターターリビルト交換

DSCF1280

ホンダ オデッセイ エンジン始動が時々出来ないとの事でご入庫です

症状としては稀にキーを捻っても「キュンキュンキュン」の音がせず、全くエンジンが

かからないとの事

時間が経つとまた全く問題なく始動出来る様になるそうです

 

早速ピットにて診断を進めていきます

DSCF1281

このお車の様に症状が「時々」と言うのは非常に車屋泣かせな

ポイントです・・・!

その「時々」以外はお車は正常と言う事ですので診断に非常に時間と

手間がかかります

 

今回は症状確認中に偶然にも何度か症状が続きましたので、

上手い事診断ができました

原因は始動不良の定番!スターターモーター本体の不良です

国産車でも10万キロ前後で不良になるお車が多いですね!

DSCF1282

原因が判明しましたので、早速修理を進めていきます

モーター本体の不良ですのでスターターモーター本体の交換が必要

になりますが、このオデッセイのスターターモーター交換は少し

手間がかかります!

写真赤丸部、インレットマニホールドと呼ばれるパーツの真下に

スターターが取り付けられています

ですのでまずはこのインレットマニホールドを取り外すところから

作業を始めていきます

DSCF1284

DSCF1283

インレットマニホールドを丸ごと取り外します

取り外すとその奥、写真赤丸部が今回原因のスターターモーターです

DSCF1286

DSCF1287

スターターモーターを取り外し、新たなモーターに交換します

使用するのは当店では定番のリビルトパーツです

中古品を再生したモノで純正新品を使用するよりはるかにお安くできますし、

モーター内部の消耗品などは交換してあるので単純な中古パーツより

断然信頼度が高いです

DSCF1288

新たなスターターモーターを取り付け、取り外しているインレット

マニホールド等を戻せば作業完了です

せっかくピカピカのスターターが取り付けられたのに、組み上げてしまうと

全然見えなくなってしまうのがちょっと悔しいですね・・・!

 

作業後は始動不良を起こさない事を念入りに確認してから

ご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.