BMW325i修理

BMW 325i E91 警告灯点灯修理 ステアリングアングルセンサー修理

IMGP2101

BMW 325i E91 DSC警告灯点灯にてご入庫です

警告灯点灯の原因は様々ですが、BMW系では定番のトラブルです!

早速診断を進めていきます

IMGP2104

写真赤丸部に写る、丸の中に三角「!」の様な警告灯が点灯しています

DSCと呼ばれるBMW系のABSやトラクションコントロールの総称で

システムに何らかの異常がある場合に点灯します

IMGP2072

早速テスター診断から行います

車両のコンピューターにはステアリングアングルセンサー(舵角センサー)

系のエラーが入力されています

実測値をモニターしてみると、定期的に舵角の値がおかしくなるのを確認

できましたのでやはりステアリングアングルセンサーの内部故障で

間違いありません

IMGP2106

お客様にお見積りを確認して頂き、ご了承を頂きましたので実際に修理を

行います

修理は原因であったステアリングアングルセンサーと呼ばれるハンドルの

切れ角を監視するセンサーを直していきます

センサーの取り付け場所はハンドルの内部ですのでまずはハンドル廻りの

分解をしていきます

IMGP2108

IMGP2109

ハンドル分解後、コラムユニットを取り外します

このウィンカーレバー等が取り付けられているコラムユニットの中に

原因であった肝心のセンサーが入っています

IMGP2112

E90系E87系ではこのセンサーのリペアキットが純正で出ていますので

今回はこのキットを使用し単品修理を行います

内部パーツだけを交換するセットですので安価に修理する事が可能です

 

センサーリペア後、車両に組み付けていきます

最後にテスターにて初期設定とエラー消去を行えば修理完了です

無事に警告灯も消灯しました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.