HOME > 整備レポート > 輸入車修理 > BenzCL63AMG修理
 

BenzCL63AMG修理

メルセデスベンツ CL63AMG W216 ファンベルト切れ修理 オルタネーター交換

DSC07400

メルセデスベンツ CL63AMG W216 ファンベルト切れによる走行不能

との事で緊急入庫頂きました・・・!

 

お車はバチンッ!という異音の後に警告灯のオンパレード、パワステ効かない、

オーバーヒート症状等ファンベルト切れ特有の症状がでたとの事です

 

早速ピットにて診断を進めていきます

DSC07402

DSC07404

エンジンルームを見てみると、予想通りファンベルト切れ!

写真の様に粉々になったファンベルトが出てきました

糸くずの様に細切れですが、元々はファンベルトだった物体です・・・

 

ファンベルト切れの場合、じゃあベルト交換でOK~とはいかない場合が殆ど!

多くの場合でファンベルトが切れてしまった根本原因があります

DSC07470

点検を続けていくと、はやり根本の原因がありました

アイドラプーリーと呼ばれるファンベルトのガイドをしてあげるパーツが

ロックし破損していました

 

流れとしてはこれがロックした為にベルトが回らず切れてしまったという事です

DSC07476

DSC07477

お客様にお見積りをご確認頂き修理を進めていきます

まずはロックしていたアイドラプーリーの交換です

写真でも分かる通り悲惨な状態になっています

DSC07467

DSC07469

破損していたアイドラプーリー以外にもアイドラプーリーがあるので

アイドラプーリー全数とテンショナープーリー、切れていたファンベルト

をセットで交換します

 

63AMGですが、元々V8がベースグレードにあるCLですので作業性は良好です!

65のV12になると別ものですけどね・・・

DSC07406

お客様からは、「切れるかなり前からキュルキュルキュル・・・って小さい異音がしていた」

との事でしたのでこちらも点検を行うと同じくベルト回りのオルタネーター

からの異音でした

 

経験ですがオルタネーターは「キュルキュルキュル・・・」と虫が鳴いている様な小さな異音

かミューンミューンとエンジンと一緒にモーターが動いている様な異音との2パターン

が多いですね!

 

こちらはOEM(社外)のオルタネーターを使用して修理します

 

最後に新たなファンベルトを張れば修理完了!

無事異音も無くなり、警告灯等の諸症状も消えましたのでご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

☆キャンペーンの詳しい情報はコチラから!☆

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


修理
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
リサイクルパーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2020’ kobayashi- motors All Rights Reserved.