スバルレガシィ修理

スバル レガシィ オイル漏れ修理 ステアリングラック リビルト交換

DSC_6682

スバル レガシィ オイル漏れ症状にてご入庫です

早速ピットにて診断を進めていきます!

DSC_6683

ピットにて診断を進めていきます

スバルの水平対向エンジンですので、定番のヘッドカバーからの漏れ

くぉ疑いましたが現車はキレイ、違いますね

引き続き診断を進めていくと・・・

DSC_6685

ステアリングラックからのオイル漏れを発見!

こちらはパワステオイルが回っている所ですので、今回はパワステオイル

漏れと言う事になります

DSC_6710

ステアリングラックはハンドルの回転する動きをタイヤの左右に動く動き

に変えるパーツで写真青矢印部がハンドルからの入力、この部分がクルクル

回る事で写真赤矢印部が左右に縮んで伸びて、又は伸びて縮んでをする事で

ハンドルが左右に切れる動きをしています

 

ステアリングラックは基本的に内部パーツがでないのでAssy(丸ごと)

の交換が必要になります

純正だとかなり高額なパーツですので今回はリビルトパーツにて修理を

進めていきます

DSC_6713

新たなリビルトステアリングラックを組み付け、パワステオイルを

充填すれば作業完了!

無事オイル漏れも止まりましたのでご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

☆キャンペーンの詳しい情報はコチラから!☆

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


修理
コバモのお勧めメニュー
点検・診断
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
多彩な修理パーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2022’ kobayashi- motors All Rights Reserved.