BMW325i修理

BMW 325i E46 足廻り異音修理 コントロールアームブッシュ交換

DSCF0652

BMW 325iツーリング E46 足廻り異音にてご入庫です

お車は少し動かしただけでも前のタイヤがガクガクと前後に動いてしまう

様な状態です

勿論車内でも異音が聞こえ、ハンドリングも非常にガタ感があります

乗っているのも怖い位ですので早速、点検修理を進めます

DSCF0654

DSCF0655

リフトアップし点検を行うと早速原因を発見です!

フロント足廻りのコントロールアームブッシュと呼ばれるパーツ破損しています

写真の様に完全に中間のブッシュ層が抜け落ちてしまい、足廻りが

固定されずフリーの状態になってしまっています

これではタイヤがガクガク動くのも当然の話です・・・!

DSCF0657

全く固定(保持)出来ていない状態ですのでボルトを取ると簡単にブッシュ

取れてしまいました

E46では定番の弱点箇所ですが、ここまで酷いのは初めてです

DSCF0662

DSCF0665

修理はブッシュ自体を新品に交換して行っていきます

新品と見比べると中心のブッシュ部分が丸ごと無くなってしまっているのが

分かると思います

 

E46の場合比較的シンプルな足廻り構造ですので、逆にこのコントロールアーム

ブッシュを交換する事で一気に足廻りがシャッキとします!

DSCF0666

DSCF0668

DSCF0669

ご依頼頂いていた修理は上記ブッシュの交換だけで完了ですが、

今回は同時に足廻りの劣化箇所の修理もご用命頂いていたのでこちらも

進めていきます

まずはスタビライザーリンクの交換です

今回はブーツ切れを起こしていましたので同時に交換です

写真真ん中、関節部を保護するブーツが切れて内部が見えているのが

確認出来ると思います

この隙間から砂などのゴミや水分が入ってしまうと内部の関節部が傷んで

異音やガタの原因になります

今回は左右1個ずつ取り付けられているので左右共交換します

DSCF0673

DSCF0675

最後にステアリングラックブーツの交換を行います

こちらも足廻りの関節になる部分ですが、同じようにゴムの保護材(ブーツ)

が取り付けられています

上の写真の様にバッサリと切れてしまっていますので交換を行いました

この箇所も切れてしまうと上記と同様、ガタや異音の原因になるだけでなく

車検も合格する事が出来なくなってしまいます

やはり早めの修理が大切ですね!

 

全てのパーツを交換後、無事異音が消えている事を確認すれば作業完了です

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2017’ kobayashi- motors All Rights Reserved.