HOME > 整備レポート > トヨタ修理 > トヨタエスティマ修理
 

トヨタエスティマ修理

トヨタ エスティマ オイル漏れ修理 ヘッドカバーパッキン交換

IMGP2039

トヨタ エスティマ エンジンオイル漏れ修理にてご入庫です

以前から漏れたオイルが焼ける臭いが気になっていたそうで、今回は

定期点検と同時に修理をさせて頂く事になりました

それではピットにて修理を進めます

IMGP2040

オイル漏れ箇所はエンジン一番上のカバーであるヘッドカバー

(タペットカバー)のパッキンより漏れを確認出来ました

このエスティマの場合は横置きのV6エンジンですので交換は少々手間です

写真では既にワイパー、ワイパーアーム、ワイパーガーニッシュ等を取り外し、

エンジンが見える様に分解をしてあります

ですがこれでも肝心のヘッドカバーはまだほとんど見る事ができません

IMGP2044

IMGP2042

さらにここからエンジンカバー、エアクリーナーBOX、写真に写る

スロットルやインレットマニホールド等エンジン上部に配置されている

パーツを順に分解していきます

IMGP2045

各部分解を進めるとやっとエンジン本体を見る事ができます

写真赤矢印がそれぞれヘッドカバーです

V型エンジンですのでカバーは2個あります

IMGP2047

IMGP2051

ここまで来るとオイル漏れの症状もしっかりと見る事ができます

写真に写る茶色ぽい部分は全て漏れたオイルで汚れた跡!

この位の漏れですと漏れとしては酷い部類なり、停車中に地面に漏れた跡

が付いたり、高温のマフラーによって焼かれ焦げ臭い様なにおいが

発生したりと明確な自覚症状が出てきます

IMGP2055

修理は先ほどの写真で見えていたヘッドカバーを一度取り外し、

間に挟まっているパッキンを交換します

もちろん2つのヘッドカバーそれぞれ取り付けられていますので2個の

パッキンを交換していきます

パッキン交換後は取り外す為に分解していたパーツを順に組み付け、

最後にしっかりと各部を洗浄して作業完了です

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 
千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2017’ kobayashi- motors All Rights Reserved.