HOME > 整備レポート > 輸入車修理 > ボルボV50修理
 

ボルボV50修理

ボルボ V50 フロントショックオイル漏れ修理 ショック交換

IMGP0937

ボルボ V50 フロントショックからのオイル漏れ修理にてご入庫です

当店で前回12ヵ月点検をさせて頂いた時にアドバイスだけさせて頂いた

箇所ですが、気になるから直してとご用命頂きました

まずはリフトアップし、漏れ箇所を再度確認します

IMGP0941

漏れ箇所は左フロントショックからです

写真矢印部、濃く黒っぽくなっているのが漏れたオイルの跡になります

 

車のサスペンション機構のキモはショックアブソーバー!

今回の様にオイル漏れを起こし俗に言う「抜けている」状態ですと本来の

乗り心地ではなくなってしまいます

IMGP0939

今回はお客様のご要望で前後左右ともショック一式を交換させて頂きます

ショックアブソーバー以外にもブッシュ類等細かい同時交換部品

も一緒に作業してしまいます

パーツもお客様のご要望で全て純正品にて対応します

小林モータースでは社外でも純正でもどちらでもOK お客様のご要望お聞かせください

IMGP0944

まずはリア側の交換を進めていきます

スプリングとショックが分かれているタイプですのでショックのみを

取り外します

IMGP0940

リアショック新旧比較

写真に写る棒状のパーツがショックアブソーバーになります

右上に写っているのがバンプラバーとアッパーブッシュと呼ばれる付随パーツです

高くないパーツですし、ショックを外さないと交換できませんので基本的に

ショック交換時には同時交換がお勧めです

 

アッパーブッシュは異音の原因になったり、バンプラバーはショックの寿命を

縮めてしまう場合もあります

IMGP0947

IMGP0949

続いてフロント側の交換作業です

外してみると、かなりオイル漏れしていた事が見て取れます

ショック内のオイル量と抜けの感じからするに殆ど全て漏れてしまっている

のではないでしょうか?

 

フロント側はスプリングとショックが一体式ですので、一度丸ごと車から

取り外した後、更に分解しショック単品の交換を行います

 

ショック交換後は各部を戻していけば作業完了です

ショック交換は交換後に明確に体感できるケースが多いので満足度の

高い修理ですね!

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2017’ kobayashi- motors All Rights Reserved.