スバルサンバー修理

スバル サンバー エンジンチェックランプ点灯修理 O2センサー故障

imgp8509

スバル サンバー エンジン警告灯点灯にてご入庫です

早速ピットにて診断作業を進めていきます

imgp8510

現車はエンジンの調子(アイドリングや吹け上がり等)は全く

問題ありませんが、しっかりと警告灯が点灯しています

imgp8511

まずはテスター診断機にて診断を進めます

エンジンコンピューターを調べていくと「O2センサー回路の異常」の

エラーが入力されているのを確認できました

エンジンの調子が問題ない状態で、エンジンチェックランプだけ点灯する

場合は国産車ではこのO2センサーの故障がほとんどです

imgp8512

しかし、診断機をそのまま鵜呑みにするのはダメです!

診断機はあくまで道具 最終判断をするのは必ずメカニックです

O2センサーを単体点検すると、センサー内部で断線を

起こしているのを判明しましたのでセンサー交換にて

修理を行います

imgp8513

今回交換を行ったO2センサー

O2センサーはマフラーの途中に組み込まれており、排気ガス中に残っている

酸素の濃度を検出し、燃費や排ガスのいい状態にエンジンを制御する

為のセンサーになります

基本的にはエンジンの根幹的なセンサーではなく、補助役のセンサーなので、

壊れていてもエンジンの調子は普通に感じますが、厳密には燃費悪化や

排ガスがクリーンではない状態です

今回はO2センサーを交換 その後車両に残っているエラーを消去し、

再びエラー入力が無い事を確認して作業完了です

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


修理
コバモのお勧めメニュー
点検・診断
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
多彩な修理パーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2022’ kobayashi- motors All Rights Reserved.