ダイハツハイゼット修理

ダイハツ ハイゼット 走行中デフ異音修理

p1260286

ダイハツ ハイゼットカーゴ 走行中に異音がするとの事でご入庫です

お客様からの症状発生時の状況をよく問診させて頂き、実際に試運転して症状を確認します

症状としては走行中、特にアクセルを抜いて惰性で走行しているときに車両後ろの方から

ゴーと言うような、振動を伴わないこもった様な音が聞こえます

更に詳しく異音を調べていきます

走行中にのみ出る異音ですので、後ろに人を乗せ、特殊な集音マイクを使い異音箇所

を絞り込んでいきます

音を聞き比べた結果、リアの駆動を左右に分配しているデフと呼ばれるパーツ周辺から

一番大きく異音を聞くことが出来ました

後は実際に分解して原因を確実にしていきます

p1260290

ミッションからの力をタイヤに伝えるのがデフの仕事ですので、

駆動系のパーツを分解しないと外すことは出来ません

写真はデフからタイヤへ動力を伝えるシャフト 勿論左右にあります

p1260291

ミッション側からのプロペラシャフトも取り外せばデフ本体が取り外せます

写真はデフを外した後の部分 本来はこの中にデフが収まっています

p1260293

外したデフ本体

デフは正式にはデファレンシャルと呼び、単純にタイヤに動力を伝えるだけでなく、

内輪差を吸収する役割も担っています

その為内部は複雑で、多数のギア(歯車)とベアリングで構成されています

 

デフを単体点検してみると、やはりベアリングの一つが軽く焼き付きを起こし、

引っかかりぎみになっていました

この為異音が発生していました これで原因が確定です!

今回はオーバーホールするよりも価格が安い事もあり、中古のデフAssyに交換を行いました

交換後、デフオイルを新たに充填して作業完了です

無事異音も収まりました

 

 

【オフィシャルYouTubeチャンネル】

小林モータースちゃんねる

☆☆☆ぜひチェック・チャンネル登録お願いします!☆☆☆

 

【Official site】

http://kobayashi-motors.com/

車検の詳細はこちらをチェック!国産車・輸入車お任せ下さい!

修理はコチラから!ドレスアップから重整備まで何でもお待ちしています!

トルコン太郎を使ったATF圧送交換はコチラから!←車種別専用アダプター多数有!

 

【SNSリンク】

YouTube

TikTok

Instagram

Facebook

 

【店舗情報】☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

 

  小林モータース株式会社
  047-387-0398
  千葉県松戸市五香2-3-2
  9:00~19:00 水曜定休

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 


修理
コバモのお勧めメニュー
点検・診断
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
多彩な修理パーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2022’ kobayashi- motors All Rights Reserved.