BMW530i修理

BMW 530i E60 エンジン不調 イグニションコイル エンジンマウント交換

DSC01839

BMW 530i E60 エンジン不調症状にてご入庫です

 

お車はアイドリングでブルブルブルブル・・・吹け上がりも悪いです・・・!

俗に言う「1発死んでる」状態ですね!

まずはピットにて診断から進めていきます

DSC01829

診断の結果、やはりミスファイヤと呼ばれるエンジンが上手く爆発出来て

いない症状が確認できました

その症状を引き起こしているのが、イグニションコイルと呼ばれるエンジンの

爆発のキッカケを作るパーツ!

国産車でも輸入車でもエンジン不調の超定番の不具合箇所です

 

このE60は6気筒で、各シリンダー毎にイグニションコイルがあるので全部で6本あります

DSC01828

お客様にお見積りをご確認頂き修理を進めていきます

今回は原因だったイグニションコイルを6本全数交換します

不具合を起こしているのはこの内の1本ですが、基本的には同じパーツで

同じ時間、同じ回数動いたものですので原因の1本以外も寿命はもう間もなく。

というのがセオリー的な考え方です

DSC01830

DSC01831

エンジン不調の方はイグニションコイル交換でスッキリ直りました!

 

続いてエンジンマウントの交換です

こちらは以前から劣化してますよと点検の際にご案内していた所!

今回「一緒にやっちゃって」とご依頼頂きましたので同時に修理します

DSC01832

エンジンマウントは文字通りエンジンを車に乗せるベースになる部分

役割としてはただ支えるだけでなく、車内側にエンジンの振動を伝えない為の

クッションの機能もあります

なので劣化すると「クッション」の力が無くなりますので、車内側に振動が

入ってくる事になります

アイドリングなどで不調と言う訳もないけど、なんとなくハンドルやシートに

ブルブル振動感がある場合には劣化の可能性大です

 

写真でみると赤線部、新旧で高さが違いますね!

これがマウントの劣化です

メルセデス、BMW、Audiなんかでは定番のメンテンスポイントです

DSC01836

エンジンマウントと切って切れないのがミッションマウントです

基本的にはエンジンマウントとセットで交換になります

BMW系はミッションマウントも2個あるのが多いので2個セットで交換です

 

交換後は車内に入る微振動も一切なくなり、車がワンランク上がった様な

気持ちよさです

金額は多少掛かりますが、体感できる変化が大きく満足度の高いメンテンス

メニューです

 

各部最終チェック、仕上げ作業を行ってからご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

☆キャンペーンの詳しい情報はコチラから!☆

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休

 


修理
コバモのお勧めメニュー
点検・診断
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
多彩な修理パーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2021’ kobayashi- motors All Rights Reserved.