BMW320i修理

BMW 320i E91 エンジン異音チェックランプ点灯修理 中古エンジン載換え

DSC07903

BMW 320i E91 エンジン異音・チェックランプ点灯・出力弱いとの

症状にてご入庫です

お車はガラガラ・ガチガチという感じの結構大きな異音が・・・

またエンジンのチェックランプは点灯していますし、パワーも全然なく

「何とか乗れる」以下なレベルです

 

早速ピットにて診断を進めていきます

DSC07907

診断を進めていくと、異音の原因はタイミングチェーンから出ているのを

確認する事が出来ました

通常であればタイミングチェーン交換でいきたい所でしたが・・・

今回はオイル消費も激しく、またエンジンオイル油圧低下状態で走行して

しまった事、異音がタイミングチェーン以外からも出ている事などを加味して

エンジン交換で修理する方向に決めます!

もちろんお客様とご相談の結果ですよ!

DSC07923

程度の良い中古のエンジンが見つかったのでお客様にお見積りを

ご確認頂き修理を進めていきます

輸入車の場合は車両の絶対数が国産車に比べて非常に少ないので、

エンジンにしろミッションにしろ「有るか」「無いか」が非常に重要です

無い時は全然見つからに事も多々あります・・・

こればっかりはお客様の運次第ですね・・・

 

各部を分解し、エンジンを釣り出していきます

ブログでは写真一枚で降りますが、勿論作業は結構大変です・・・!

DSC07930

DSC07941

エンジンを丸ごと降ろします

後は現車の補器類を中古の新たなエンジンに移し替えていきます

 

今回の様なエンジン内部の修理の場合、今回の様な中古に乗せ換えか、

分解してオーバーホールやそれに近い修理をするか大きく2パターンです

これはどちらが一概に「いい」とは言えず、どちらもメリットデメリットあります

 

現車修理の場合は結局エンジン外側から中の状況は100%解らないので、分解してから

最終的な点検という形になります

なので実際に開けてビックリ・・・ここも、あそこも、あっちもダメでした・・・

や修理したけど、他にもトラブルがありもう一回・・・と言うようなリスクがあります

ただ、現物を修理しますのでクオリティの面は上!トラブルが再発する様なリスクは低いです

DSC08056

載せ替えの場合は、当然ですがエンジン丸ごと交換になりますので、あっちもこっちも

ダメと言うようなリスクはありません

逆にどこまでエンジンが壊れていようと乗せ換えてしまえば全て解決です

しかし、輸入車の場合はトラブルが車種・エンジンごとに「ここがダメになる」

と言うような傾向が強いので、現車と同じ不具合を発生しかかっている可能性も考え

られます

今後再発するリスクは当然あります

 

なのでどちらも一長一短!

当店ではお車の状態や金額、その他諸々を加味してお客様にベストな修理をご案内

しております

DSC08029

2台のエンジンを並べて、移植していきます

どこまで外してどこまで付けるのか、またダブっている部分はどちらか良い方を

選択、エンジンの製造年等で同じ品番であっても微妙に配線の取り回しや

違ったりするのでその辺りを十分に注意しながらニューエンジンを仕上げていきます

DSC08054

仕上がった中古エンジンを組み付け、各部を戻していきます

最後に冷却水やエンジンオイル等油脂類を入れれば作業完了!

 

無事、異音も出力も正常に戻りましたのでご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

☆キャンペーンの詳しい情報はコチラから!☆

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


修理
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
リサイクルパーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2020’ kobayashi- motors All Rights Reserved.