HOME > 整備レポート > トヨタ修理 > トヨタハイラックスサーフ修理
 

トヨタハイラックスサーフ修理

トヨタ ハイラックスサーフ 冷却水漏れ修理 ラジエター交換

DSC_8378

トヨタ ハイラックスサーフ 冷却水漏れ症状にてご入庫です

お車は冷却水漏れ特有の甘ーい匂いがエンジンルームからぷんぷんします

 

冷却水が漏れていると、かなり甘い匂いがしますのでお車を降りた際等に

いつもと違う匂いがしたら要注意です

 

それでは早速ピットにて診断から進めていきます

DSC_8379

DSC_8380

クーラント(冷却水)回路に圧力を掛けてリークテストを行います

診断の結果、漏れを起こしていたのはラジエター本体!

 

写真下は見にくいですが、赤丸部より漏れが見て取れます

DSC_8381

お客様にお見積りをご確認頂き、修理を進めていきます

修理はラジエター交換にて行います

 

取外したラジエターを見ると写真上の方、赤丸部から漏れ出ています

今回は割れではなく、金属と樹脂のカシメ箇所(つなぎ目)から漏れて

きています

実際にラジエターは写真上方向を上にして縦に取り付けられますので、

漏れた冷却水が写真下方向に流れていきます

写真中央にピンクっぽくまだらに見えるのは全て漏れの跡になります

DSC_8382

今回もラジエター交換では定番のOEMパーツを使用して修理していきます

新品ですが、純正に比べるとお安いですのでおススメの修理方法です

ピッカピカの新たなラジエターを取付けていきます

 

冷却水漏れは気づかないでいるとやがて冷却水が足らなくなりオーバーヒート

を引き起こします

最悪の場合は一発でエンジンをダメにしてしまうケースもあるので侮れ

ません・・・!

DSC_8383

今回は年式、距離的にも劣化の可能性が高いので、ラジエターに入る

アッパー・ロアホースもそれぞれ同時に交換します

冷却水漏れ修理の場合、漏れている所を修理して元気になってしまうと

次弱っている所から・・・と漏れ症状が連続してしまう場合があるので

診断自体も気を遣う所があります

 

ラジエター・ホースを交換後、新たに冷却水を充填、エア抜きすれば作業完了!

無事漏れ症状も完治致しましたのでご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

☆キャンペーンの詳しい情報はコチラから!☆

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


修理
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
リサイクルパーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2020’ kobayashi- motors All Rights Reserved.