BMWM5修理

BMW M5 E60 SMGクラッチ交換 球切れ警告灯点灯修理等

DSC09171

BMW M5 E60 SMGクラッチ交換にてご入庫です

症状としては変速時のショックと時々SMG警告灯が点灯するとの事

またその他細かい警告灯類も出ているので一緒に見てほしいとのご依頼です

 

早速ピットにて診断から進めていきます

DSC09116

純正テスターにてエラーの確認から進めていきます

 

本題のSMGの方は定期的に作動油圧が不足し、不調症状になっているのが

確認できました

また別件でご依頼頂いていた方もチェックしていきます

まず一番上の赤線部、エアバックのエラーも時々でるとの事でしたが、助手席側の

着座センサーの不良でした

 

またカッコでかこってある部分は社外テールに変更されている為、テールランプの

球切れ絡みのエラーが多数!

LEDのテールなんかに変えてしまうと良く起こる状況です

 

まずはこれら細かい部分をクリアしていきます

着座センサーの方は素直に修理しようとするとシート脱着、分解を伴いなかなか金額が

掛かってしまう部分です

ですのでちょっと特殊な方法でクリアしていきます

詳細は伏せますがよくあるキャンセラーではないです!

 

また球切れ警告灯一式はコーディングにてテールランプ周りの球切れチェックを

キャンセルします

これでもうエラーが出る事はありませんね!

よくある物体のキャンセラーもいいのですが、それ自体熱を持ったり、それ自体が

壊れたりとデメリットも多いのでコーディングでキャンセルがおススメです

DSC09173

細かい所が終わったところで、本題のクラッチ修理に入ります

クラッチ修理はまずミッション降ろし!

マフラーやその他諸々を取り外してミッションを降ろしていきます

DSC09268

M5のSMGミッションは意外と作業性が良好です

この辺りBMWは良く出来ています!

 

当社でもかなりの台数をこなしていますのでサクッと降ろします

DSC09217

今回はクラッチ交換の他、油圧低下が確認出来ましたので油圧制御部分

の修理も行います

SMGミッションの場合は写真赤丸部辺りに油圧制御パーツが集中しています

DSC09234

DSC09233

DSC09235

今回はクラッチを繋ぐ・切るを司るレリーズシリンダーとそれらの動力源

となる油圧を作るポンプを交換します

DSC09249

勿論クラッチ本体も交換します

基本的には一般的なマニュアル車のクラッチと大差ないですが、ツインプレートの

クラッチで合わせマークなど取付けには結構癖があります

この辺りはサービスマニュアル(整備書)が無いと作業は厳しいと思います

DSC09258

クラッチも丁度交換時期でした

写真赤丸部のリベットと呼ばれる留め金にディスクが摩耗した事で

ほんの少し触れている状態です

これがガッツリ当たってしまうとフライホイルを傷つけてしまい、フライホイル

も要交換になってしまいます

という訳で今回はギリギリセーフ!クラッチのみを交換します

DSC09279

ミッションを再び搭載し、分解していた所を戻せば物理的な作業は完了!

ここからはテスターにて学習と油圧システムのエア抜き作業が必要です

 

学習・調整が終われば作業完了!

すっかりこの手の学習作業が当たり前の時代になりましたね

DSC09120

作業後は変速も無事復活!エラーも出なくなりましたし、変速ショックも

収まりました

SMGのクラッチ交換後は本当にすごく乗りやすくなります

 

その他出ていた細かいエラーもスッキリ出なくなりましたのでご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

☆キャンペーンの詳しい情報はコチラから!☆

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


修理
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
リサイクルパーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2020’ kobayashi- motors All Rights Reserved.