BMWMINI車検

BMW MINIクーパー R56 車検(法定24ヶ月点検)

DSC05044

BMW MINIクーパー R56 車検にてご入庫頂きました

早速ピットにて車検診断を進めていきます

 

小林モータースの車検は国が定めた法令24ヵ月点検項目79箇所に、

当社オリジナルの点検項目135箇所を加えた計214箇所がチェック項目になります

 

ただ単純に車検が通ればOK!という考え方でなく、当社では車の健康診断

・総合メンテナンスの機会と考えています

勿論、だからと言って「アレもコレも交換です」ではなく、使用状況や

劣化の優劣等から優先順位を決めてメンテナンスのご提案を行います

 

診断はピットにてリフトアップ後、アンダーカバー等を外してからスタート

エンジンからブレーキ関係、足廻りなど隈なく診断していきます

DSC05045

ブログですので点検とメンテナンスが同時になってしまいますが、実際には

一通り診断後、お見積りを作成、お客様とお打合せ後、修理作業を進めていきます

 

まず発見したトラブルがエンジンの一番下側、オイルパンと呼ばれるオイルを

貯めておく受け皿の部分からオイル漏れを発見!

 

リピーター様で以前から認識はしていましたが、徐々に酷くなってきているので

このタイミングで修理を行う事になりました

DSC05097

DSC05096

修理は該当のオイルパンのパッキンを交換すればOKです

R50系より大分漏れるケースは減りましたが、それでも多い漏れ箇所です

外したオイルパンを綺麗に洗浄・清掃後、既定のトルク(ボルトの締め加減)

でキッチリ取付ければ完了です

DSC05104

DSC05103

続いては消耗品であるスパークプラグの交換です

こちらはおおよそ7~8万キロ位が交換目安になります!

 

走行距離がちょうど差し掛かっていいましたので交換を行いました

写真上が古い方ですが、新品と見比べると摩耗や汚れが確認出来ると思います

DSC05114

DSC05113

続いてもエンジン関係から、こちらも消耗品のファンベルト交換です

劣化が進み、ヒビ割れが多数みられましたので交換を行いました

 

R56系の場合は金額などは大した事ないのですが、交換には専用の

特殊工具が必須!

勿論当店には常備されておりますのでサクッと交換可能です

DSC05111

DSC05109

最後にテールランプの不点灯修理!

国産車では殆どの場合はランプが点かない=電球切れですが、輸入車では

そうはいかず・・・!

今回も点検を行うと、テールランプ内部の接点焼けのトラブルでした

 

BMW系では以前から非常に多い不良です

DSC05108

こちらもパーツ自体は良心的な価格設定ですので、現物修理等するよりは

交換してしまった方が今後も含めて安心です

基盤を交換すれば無事、点灯確認OKです

 

最後にエンジンオイルやブレーキフルード等油脂類の交換、各部増締め、

調整等を行い車検整備完了です

 

新たに車検取得後、メンテナンスインターバルのリセットを行いご返車

させて頂きました

車検・点検の詳しい情報はコチラをご覧ください

☆キャンペーンの詳しい情報はコチラから!☆

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


修理
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
リサイクルパーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.