HOME > 整備レポート > ニッサン修理 > 日産エクストレイル修理
 

日産エクストレイル修理

日産 エクストレイル オイル消費修理 中古エンジン交換

DSC_6594

日産 エクストレイル オイル消費大症状にてご入庫です

お車は数千キロでレベルゲージに付かなくなってしまうほど

減ってしまうとの事

 

早速ピットにて診断を進めていきます

DSC_6596

診断を進めていくと目立ったオイル漏れは無し・・・

と言う事はエンジン内部で消費しているという事を意味します

 

修理する事も可能ですが、実作業的にはエンジンオーバーホールに

なってしまうので、 こうなってしまうと中古やリビルトのエンジンに

乗せ換えてしまう方が早いですし金額的にもお安くなります

 

お客様にお見積りをご確認頂き、修理を進めていきます

DSC03264

今回は中古のエンジン乗せ換えで修理を行います!

 

早速前廻りから分解していきます

最近の国産車は輸入車の様に前をゴッソリ外せる車が増えてきました

見た目は派手な感じの作業になりますが、作業性も良く意外と思ったより

大変さはありません

DSC03267

車両下側もサブフレームと呼ばれる足廻りのベースになるパーツを外していきます

これで下廻りも殆ど丸ごと外れてしまいます

DSC03275

その他、エンジンの付属品など諸々を取り外し、エンジン、ミッション

をセットで降ろしていきます

言葉で言うと簡単ですが、それでもそれなりには手間が掛かります笑

DSC03283

DSC03288

エンジン、ミッションを丸ごと取り外したら、ここからエンジン単体

に分解、これでやっとエンジンが取り外せました

DSC03285

ここまできましたが、まだもうひと仕事!

基本的に中古でもリビルトでも新品でも「エンジン」という部品は本当に

エンジン単体のみを指します

諸々取り付けられる補器類、ハーネス、センサー等は基本的には全て

別パーツ扱いになります

従ってここから古いエンジンから新たなエンジンにそれらパーツ類を全て

移し替えて いきます

特に中古エンジンの場合は微妙に残っているパーツ等もあるので、

新旧を見比べて仕上げていきます

 

新たに仕上げたエンジンを先ほどとは逆手順で車両に戻していきます

最後に油脂類を充填し、無事エンジン始動!

テストドライブを行い問題無い事を確認してからご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

☆キャンペーンの詳しい情報はコチラから!☆

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


修理
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
リサイクルパーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.