BMWMINI修理

BMW MINI R53 エンジン異音修理 バイブレーションダンパー交換

DSC02829

BMW MINI R53 エンジン異音症状にてご入庫です

お車はカラカラ・ガラガラ異音が出ていて、時々警告灯も点灯するとの事

早速ピットにて診断から進めていきます

DSC02822

診断を進めていくと、ファンベルトが大変な事になっているのを発見!

縦に裂ける様に切れかかっています

 

R53系でこの状態だと、「アレ」がダメな確率が高いです

DSC02816

その「アレ」がこちら!

エンジンからファンベルトへと動力を伝達するバイブレーションダンパー

と呼ばれるパーツです

R50系の中でもスーパーチャージャー付きの「S」モデル特有の故障ですが、

非常に多いトラブルです

トラブルが多く一度対策品へと変わっているのですが、結局対策品でも

壊れるという・・・どうしょもないトラブルポイントです

 

写真は見ての通り、内部が破損しバラバラですが、本来は1つのパーツです

DSC02815

お客様にお見積りをご確認頂いてから修理作業を進めていきます

先ほどのバイブレーションダンパーですが、バラバラに分解された状態でも

エンジンによって駆動されてしまうのでファンベルトは異常な負荷がかかり切れる、

ファンベルトが上手く回らないので発電不良やオーバーヒート等2次的な故障や警告灯

の点灯、バラバラの破片がエンジン等に当たり、写真赤丸部の様にエンジン本体を削って

しまったりと中々厄介な壊れ方をしてくれます・・・!

DSC02824

DSC02819

修理は先ほどのバイブレーションダンパーと切れてしまっているベルト

の交換は当然ですが、同時にテンショナーとアイドラプーリーもセット

で交換を行います

これでベルト周りに不安なくドライブを楽しめますね!

DSC02817

また同時にご依頼されていた電動ファン低速回転不良修理

こちらもR50系定番の不良です

ファンがうるさかったり、エンジンを切った後に「ブーーン」とファンが

回るようだとほぼ100%この低回転不良です

 

原因は電動ファンに付くレジスターと呼ばれるパーツ

今回はベルト周りでいい金額になってしまったので、レジスターのみの交換で

少しでも金額を抑えていきます

 

最後に各部仕上げていけば作業完了です

無事異音等スッキリ直りましたのでご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

☆キャンペーンの詳しい情報はコチラから!☆

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


修理
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
リサイクルパーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2020’ kobayashi- motors All Rights Reserved.