HOME > 整備レポート > スズキ修理 > スズキワゴンR修理
 

スズキワゴンR修理

スズキ ワゴンR エアコン修理 エバポレーター交換

DSC_6229

スズキ ワゴンR エアコン効かない症状にてご入庫です

症状としては、エアコンガスを補充した直後は効くが、あっという間に

また効かなくなってしまうとの事

恐らくどこからは重度のガス漏れを起こしていますね・・・!

早速ピットにて診断を進めていきます

DSC_6205

DSC_6206

基本的にエアコンガスは補充するものではありません

これはエアコンシステム内をグルグル循環しているので理論的には

減ることはありません

「エアコンガスが減る」という事はどこかから漏れてしまってる事を意味します

 

数年で1~200g減少程度の漏れですと漏れが微細過ぎて発見が実質難しケースも

ありますが、今回程のケースであれば探せば原因箇所は見つけられるはずです!

 

と言う訳で診断スタート!

「じゃあどこから漏れているの?」というところを診断で探していきます

エアコンシステムはエンジン~車体前部~室内と各部重要なパーツを巡るように配管

されていますので接続部や構成備品は非常に多いです

ガス漏れ診断の場合はこれを一つ一つ診断し原因を潰していく必要があります

 

ひとまずそのままの状態で見えるところからスタートし、

原因が見つからなかった為フロントバンパーを外します

この状態にすると写真赤丸部、車体前部に付く各構成備品を実際に見る

事ができるので接続部やパーツから漏れがないか診断していきます

DSC_6231

車体前部でも原因箇所は発見出来ず・・・!

と言うことは残されているのは車内側の構成部品という事になります

 

基本的にどのお車でも車内側のエアコンシステムはダッシュボードの中!

お客様に脱着診断のGo!を頂いてから車内側の診断を進めます

DSC_6234

DSC_6235

ダッシュボードを外し、見えてくる写真赤丸部がエアコンシステムになります

これを丸ごと取り外していきます

 

外した車内側はすっかり何もありませんね!

DSC_6236

DSC_6239

外したエアコンユニットを更に分解していきます

ここで原因判明!エバポレーターと呼ばれるパーツから漏れているのを

確認できました

写真赤丸部、写真では分かり難いですが漏れ発見の為に入れた色の付いたオイル

(蛍光剤)が漏れ出ています

DSC_6241

修理は漏れの原因だったエバポレーターを交換すればOK!

車両に仮組みし、再度漏れがないか再診断していきます

漏れがシッカリ止まっている事を確認してから、ダッシュボード等を戻していきます

最後にエアコンガスを規定量充填し作業完了です

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

☆キャンペーンの詳しい情報はコチラから!☆

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.