HOME > 整備レポート > 輸入車修理 > BenzS350修理
 

BenzS350修理

メルセデスベンツ S350 W221 エンジンチェックランプ・不調修理

DSC03672

メルセデスベンツ S350 W221 エンジンの警告灯点灯と振動感のある

不調症状にてご入庫です

症状としてはチェックランプは当然の様に点灯したまま、不調の方もエンジンが

「ドッドッドッド」と大分バラつく様な振動があり、ふけ上がりも悪いです

早速ピットにて診断から進めていきます

DSC03593

テスターを繋いでエラーコードを読み出していきます

エンジンのコンピューターにはミスファイヤ要するに「エンジンが上手に爆発

出来ていないよ」というエラーが入力されています

特にシリンダー1と記載がある様に、このエンジンではV6なので6気筒ある

内の1番シリンダーでの不具合が記録されています

DSC03665

と、テスターでエラーの確認はできましたが、ここまでではまだ50点です!

じゃあ何がダメで上手く爆発できないの?という所を人間の手で詰めて

いく必要があります

 

その後も診断を続けた結果、原因は定番のイグニッションコイルの不良!

ミスファイヤのトラブルでは圧倒的に多い原因箇所です

DSC03670

DSC03668

お客様にお見積りを確認して頂き、ご了解を頂きましたので修理を進めていきます

修理は原因だったイグニションコイルと交換時期に差し掛かっていた

スパークプラグを同時に交換します

基本的に1本が寿命だと、残りのイグニションコイルも寿命に差し掛かっている

事が多いので全数交換がセオリーです

今回はV6なのでイグニションコイルとスパークプラグをそれぞれ6本づつ交換します

 

交換後、テスターにて残っているエラーを消去すれば作業完了!

無事チェックランプも不調感も消えましたのでご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

☆キャンペーンの詳しい情報はコチラから!☆

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.