HOME > 整備レポート > 輸入車修理 > VWゴルフトゥーラン修理
 

VWゴルフトゥーラン修理

VW ゴルフトゥーラン DSG変速不良修理 メカトロリビルト交換

DSC03034

VW ゴルフトゥーラン DSG不良にてご入庫です

症状としてはメーター上にミッションの警告灯が点灯しており、

走行中に突然のギア抜けも発生するとの事・・・

DSGにも種類があり、今回は乾式7速のタイプですね!

早速ピットにて診断から進めていきます

DSC03001

テスター診断の結果、原因はDSGのメカトロと呼ばれるパーツの不良でした

VW、Audi(の場合はSトロニックという名称です)のDSGとは少し変わった

ミッションで基本的にはマニュアルミッションで、本来であれば人間が

操作するクラッチやシフトの動きを機械的に自動で行うミッションです

それぞれメーカーでシングルクラッチ、デュアルクラッチの差や呼び方が違いますが、

フェラーリならF1マチック、ポルシェならPDK、マセラティならカンビオコルサ等・・・

全部基本的は同じマニュアルベースのオートマチックになります

 

 

さて、原因のメカトロですが、上記の様に基本的にマニュアルミッションですのでこの

メカトロ部分が「ギアを動かす」「クラッチを切る」と言った動作を一手に

受け持っています

写真では丁度赤丸部がメカトロになります

DSC03014

基本的にはメカトロAssy(丸ごと)のパーツ供給なのですが、

今回はお安くする為リビルトのメカトロを使用して修理していきます

お客様にお見積り確認頂き、ご了解を頂きましたので修理を進めていきます

 

まずはミッションからメカトロ部分のみを脱着していきます

基本的には車上で分解可能ですのでホース類などを取り外し、

メカトロを外す準備をしていきます

DSC03024

DSC03015

DSC03016

メカトロユニットを取り外し、リビルトのメカトロに交換を行います

ただ一部前のパーツを利用するので古い方を分解し、新たなメカトロに

組み込んでいきます

DSC03027

メカトロを外すとミッションの内部構造を見る事ができます

内部は完全にマニュアルミッションそのもの!

ミッション側も綺麗に洗浄してから組み付けていきます

DSC03032

新たなメカトロを組み付け、分解していたパーツ類を戻します

油脂類等を充填すれば作業自体は完了!

 

メカトロ交換後はテスターにてギアキャリブレーション(基本調整)が

必須の作業になります

テスターを繋ぎながら、あれこれ実走行を行い学習を行っていきます

 

学習後は無事エラーも消え、バチッと走行できるようになりましたので

ご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

☆キャンペーンの詳しい情報はコチラから!☆

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.