BenzC200車検

メルセデスベンツ C200 W204 車検・ブレーキパット交換等

DSC01072

メルセデスベンツ C200 W204 車検にてご入庫です

早速ピットにて車検診断から進めていきます!

DSC01068

タイヤやアンダーカバー等を外し、車検診断を進めていきます

小林モータースの車検はこの点検作業を重要視しています

車検専門店等では本当に車検に合格できる、出来ないだけを流れ作業の様に

チェックする様ですが・・・

例えば人間の健康診断でも身長、体重、血圧だけ測定して「問題ありません!」

と言われても納得できませんよね

血液検査、尿検査、レントゲンなど諸々チェックした上で今の状況や今後の

リスク等を把握できると思います

小林モータースの考え方はまさにこの考え方です!

国で定められた基本項目に当社オリジナルの項目を加え、確実に診断していきます

もちろん発見できたトラブルは「今必要」「今後の順に」と2次故障のリスク等と

合わせてご案内いたします

 

 

話がズレてしまいまいましたが・・・

肝心の診断の方で発見したのが、足廻りよりスタビライザーリンクと呼ばれる

パーツのブーツ切れです

こちらは車検的にもNGの箇所です

と言う訳で要修理!その他ブレーキパットの残量が少なくなっている等も

確認出来ましたので車検の総額としてお見積りに纏め、お客様にご了解を頂いて

から作業を進めていきます

DSC01080

まずは上の写真でもあった、スタビライザーリンクの交換から行います

こちらは前側左右とも同様に切れを起こしていましたので、左右セットで

交換します

 

車検がNGなのもそうですが、車としても異音が出やすいポイントです

足廻りの構成部品の中では価格も高くありませんので

切れていたら早期に交換がおススメです

DSC01073

DSC01084

DSC01091

続いては残量が3mm程度しかなかったリアブレーキの交換作業です

こちらはパットの他、輸入車ではお馴染みのディスクローターも

同時に交換を行います

 

輸入車では国産車と違いディスクローターの方もどんどん摩耗する様に

設計されています

なので輸入車ブレーキは「ガツッ」としっかり効く訳です!

ディスクローターが摩耗したままですと、鳴きの原因や最悪はディスクローター自体が

割れてしまう事もあるので、摩耗があるようでしたら交換が望ましいですね!

 

今回はパットと同時にセットで交換です

DSC01090

DSC01089

最後にエアフィルターやエンジンオイル等消耗品を交換していきます

 

エアフィルターの汚れ方は写真を見れば一目瞭然です

各部作業完了後、メーター上のサービスのリセット等を行い作業完了です

無事車検を取得し、ご返車せさせて頂きました

車検・点検の詳しい情報はコチラをご覧ください

☆キャンペーンの詳しい情報はコチラから!☆

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


修理
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
リサイクルパーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.