BMWM5修理

BMW M5 E60 エンジン他警告灯点灯 スロットルアクチュエーター交換

DSC01302

BMW M5 E60 エンジンやその他諸々の警告灯が突然点灯したとの事

でご入庫頂きました

 

お車はメーター上でも、iドライブ上でも賑やかに警告灯がでています・・・!

早速ピットにて診断から進めていきます

DSC01301

警告灯点灯ですのでテスター診断から進めていきます

診断の結果、原因はエンジン回転数の制御をしているスロットルアクチュエーター

の不良によるものでした!

丁度写真赤丸部のサージタンク下に取り付けられています

 

エンジンのパーツですのでエンジンチェックランプは当然として、現代の車ですと

ABSやトラクションコントロールの制御でもこのパーつを使いますので、

結果としてそれぞれのシステムでエラーを認識し、今回の様な警告灯だらけ

になってしまいます

DSC01304

DSC01308

お客様にお見積りを確認して頂き、修理を進めていきます

早速M5一番のオシャレポイント!?左右バンクそれぞれにある巨大な

サージタンクを取り外していきます

通常の車ではこの大きさのサージタンクはまずありませんね

BMWが本気で「M」エンジンを作っているのが分かります

DSC01326

DSC01323

左右ともサージタンクを外せば10連スロットルが見えてきます

写真赤丸部の下辺りに今回原因のスロットルアクチュエーターが

取り付けれています

通常の車であればスロットルバルブと呼ばれる一体のパーツ扱いですが、

10連スロットルですので、スロットルアクチュエーターとリンクを使って

多連スロットルを制御しています

 

M5の場合はV10エンジンなので左右5気筒づつを2つのアクチュエーターで

制御しています

今回原因だった右バンク側を交換していきます

 

サージタンク等を元に戻し、最後にテスターにてエラーの消去と

再学習を行えば作業完了です

無事警告灯も消えましたのでご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

☆キャンペーンの詳しい情報はコチラから!☆

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


修理
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
リサイクルパーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.