HOME > 整備レポート > スズキ修理 > スズキジムニー修理
 

スズキジムニー修理

スズキ ジムニーJB23 エンジン不調修理 リビルトエンジン交換

DSC_3915

スズキ ジムニーJB23 エンジン不調にてご入庫です

症状としてはアイドリングでも「ボボンッボボンッ」とエンスト寸前の状態

力も無く、加速もかなり悪い状態です・・・!

 

ピットにて診断を進めていくと簡単な原因ではありませんでした

諸々点検を行うとエンジンの圧縮不良を確認する事ができました

JB23のK6Aエンジンでは結構多い症状です!

DSC_3934

このエンジンで圧縮が無い場合にはヘッドの歪みやバルブの不良

が多いです・・・!

ジムニーの場合、過走行の車両が多いのでちょっとしたエンジン不調

だろうと思っても、意外と重症だった・・・(*_*)というケースも多いです

 

今回のお車も走行距離も行ってますし、今後も永く乗りたいと言う事でしたので

お客様とご相談の結果オーバーホール済みの中古品、「リビルトエンジン」

に乗せ換えを行います

 

という訳で車からエンジンを降ろしていきます

縦置きエンジンで上方向にスペースがあるのでジムニーの場合はエンジン自体を

釣り上げて上に引き抜く作業になります

DSC_3940

DSC_3941

上の写真が車両から取り外したエンジン、下がオーバーホールされた

リビルトエンジンになります

リビルトエンジンと言っても、納品されるパーツは本当にエンジン本体のみ!

上下の写真を見比べても下の方が大分スッキリしているのが分かると思います

 

ここから新旧を見比べながら、エンジン付属品を移し替えていきます

これが中々時間の掛かる作業で、「エンジン交換」というと降ろしたり、載せたり

よりこの作業がメインと言ってもいいかもしれません

DSC_3965

また移し替え作業の途中にタービンのブローも確認出来てしまいました・・・!

軽い焼き付きを起こしており、タービンがかなり回転しにくくなっていました

バラつき等の症状はエンジン本体ですが、パワーが無いのはこのタービン不良が

何割か絡んでいたんだと思います

今回はこちらもリビルトタービンに交換を行います

DSC_3966

新たなエンジンに各補器類、エンジンハーネス、リビルトタービン等

一式を取り付けます

組みあがったエンジンを車両に戻せば作業OK!

最後に油脂類を充填してテストドライブを行います

勿論不調症状も無くなりましたし、今までとは全く違う新車の様なしっとりとした

エンジンフィール(当然と言えば当然ですが・・・笑)になりましたので

ご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

☆キャンペーンの詳しい情報はコチラから!☆

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.