BMWMINI修理

BMW MINI R53 電動ファン修理 レジスター・コンプレッサー交換

DSC_4451

BMW MINI R53 エンジン異音のてご入庫です

 

症状としてはエアコンを入れるとギャーギャーという様な異音がするとの

事です

それでは早速ピットにて診断を進めていきます!

DSC_4452

エアコンのON、OFFに連動した異音でしたが、点検の結果原因はそのまま

エアコンコンプレッサーの不良でした

ただ今回の場合はエアコンコンプレッサーが単純に不良になった訳ではなく、

不良になった理由がありました!

それはR50系では定番故障ですが、電動ファンレジスターの不良です

 

R50系の電動ファンは高速回転、低速回転と2パターンの回転方法があります

その中で低速回転側が回らなくなるという故障が多いです

そうすると通常は低回転で回るべきタイミング(水温等)で電動ファンが

回らなくなり高温状態になります

冷却水パーツや同様に電動ファンで冷やされるエアコンシステムパーツに

負荷が掛かってしまうのです・・・!

 

厄介なのは低回転側が故障していても、高回転側は生きているので致命的な

オーバーヒートにはならず、普通に乗れてしまう点です

意外と故障に気づいてない方も多いです

エンジン停止後に電動ファンが回る様ならほぼ100%故障しているので

要注意です!

DSC_4453

大分説明が長くなってしまいましたが、単純に言えば電動ファン故障→

エアコンコンプレッサー故障と連鎖的に壊れてしまった事になります

 

お客様にお見積りを確認して頂き、作業を進めていきます

まずはMINIでお決まりの前面バラバラ状態に!

DSC_4457

DSC_4458

DSC_4455

まずは異音の原因だったエアコンコンプレッサーを交換です

コンプレッサーだけならここまで分解せず交換できるのですが、

今回は電動ファンもあるのでこの状態で交換していきます

 

ついでに亀裂のあったファンベルトも同時交換!

どのみちファンベルトは一度はずので工賃も含まれていまから

セットの方がお得ですね!

DSC_4461

DSC_4463

続いては原因の原因である電動ファンの交換です

写真下、矢印部、巻かれている線が切れているのが分かると思います

これが切れてしまう事で低回転側が回らなくなります

 

以前はレジスター(写真の切れている部分)だけを交換修理していた事

もありますがシッカリとて安いOEM品も出てきましたし、電動ファン本体

がダメなケースも増えてきていますので、最近は丸ごと交換を

お勧めしてします

金額的にもそこまで変わらないのでこちらの方法の方が安心かと思います

 

新たなパーツ類を組み付ければ作業完了

無事に電動ファンも復活、エアコン時に異音も消えましたのでご返車させて

頂きました

人間の体も一緒ですが、やっぱり早めの治療がお金も時間も節約できますね!

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

☆キャンペーンの詳しい情報はコチラから!☆

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2018’ kobayashi- motors All Rights Reserved.