BMWMINI修理

BMW MINIクーパーS R56 エンジンオイル漏れ・冷却水漏れ修理

DSC_3727

BMW MINIクーパーS R56 エンジンオイルと冷却水漏れにてご入庫です

早速ピットにて診断を進めていきます

DSC_3751

点検の結果、エンジンオイルはオイルフィルターブラケットより

冷却水はサーモスタットハウジングから漏れているのを確認出来ました

どちらもR56系のミニでは定番ポイントです・・・!

 

お客様にお見積りを確認して頂き、ご了解を頂きましたので修理を進めていきます

まずはフロントバンパーなどを外し、ミニ修理のお決まりスタイルに

していきます

DSC_3752

ラジエター等も取り外し、エンジンが丸見えの状態になりました

オイル漏れの原因だったフィルターブラケットは写真赤丸部に取り付け

れています

DSC_3758

更に触媒、遮熱板等を外すとやっとフィルターブラケット本体が見えてきます

矢印部あたりからかなりの量が漏れているのが分かると思います

漏れたオイルと汚れが混じり合いヘドロの様な状態になっています

DSC_3766

DSC_3768

綺麗に清掃し、フィルターブラケットのパッキン等を交換していきます

また同時にタービン廻りのホース類も同時交換を行います

パッキン一つ、ホース1本でも交換するにはここまで分解しないといけないので

このタイミングでセットで交換してしまう方が安心です

DSC_3772

DSC_3754

こちらは冷却水漏れの方です

エンジン脇に取り付けれているサーモスタットハウジングから漏れており

漏れた冷却水が溜まり、流れ落ちています

写真赤丸部が溜まっている部分、下の写真がミッションケースを流れ落ちて

跡になった写真です

白っぽく跡になっているのは全て漏れた跡になります

こちらもかなり酷く漏れているのが分かると思います

 

 

冷却水漏れの方は原因だったサーモスタットハウジングを交換して修理します

DSC_3775

DSC_3776

今回は「他にも悪い所は潰したい」とのご依頼でしたのでオイル漏れ量

としては少なかったですが、滲み漏れを起こしていたヘッドカバーパッキン

の交換も行います

DSC_3769

劣化していたベルト廻りもベルト、テンショナー、アディショナルプーリー、

ウォーターポンププーリーとセットで交換します

R56系のベルト廻りは少し特殊になっており、構成部品が多いです

どれも劣化すると異音が出たりするので、こちらも修理する際は

「まとめて」がおススメです

またバンパー等も外れている状態ですので工賃も割安で作業できます

 

全てのパーツを交換後、バンパーなどを戻せば作業完了です

オイル漏れ、冷却水漏れがしっかり直った事を確認してご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

☆キャンペーンの詳しい情報はコチラから!☆

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.