スズキスイフトスポーツ修理 - 小林モータース株式会社-松戸市五香<車修理/車検/中古車販売/板金/>
HOME > 整備レポート > スズキ修理 > スズキスイフトスポーツ修理
 

スズキスイフトスポーツ修理

スズキ スイフトスポーツ クラッチ交換修理

DSC_3383

スズキ スイフトスポーツ クラッチ交換依頼にてご入庫です

お車はまだ自走できる状態でのご来店ですので一安心・・・!

クラッチの場合「走らなくなっちゃった・・・」と自走不可でご入庫頂く

場合も多いですが、そうするとピットに入れるだけで一仕事です!!

 

それでは早速ピットにて修理を進めていきます

DSC_3384

DSC_3386

FF車ですので、エンジンルーム向かって右側がミッションになります

クラッチはエンジンとミッションの間にありますのでミッションを

降ろすところからスタートです

 

写真下、赤丸部がミッション!これを丸ごと外します

DSC_3388

DSC_3387

DSC_3395

各部を分解、ミッションを専用のスタンドに乗せて降ろしていきます

勿論写真だから一瞬ですが、実際は手間のかかる作業になります!

DSC_3392

DSC_3393

ミッションが降りれば実際にクラッチを交換していきます

まずはプレッシャープレートとクラッチカバー

写真下赤丸部、右側の新品にはある溝が古い方の左にはないのが分かる

と思います

これがいわゆるクラッチの摩耗です

ブレーキパットと同じで使うごとに摩耗して削れていくものです

溝が無いと言う事は溝と同じ高さまで削れている事を意味します!

 

リベット(溝横の丸いポチ)にも掛かりそうですので交換時期としては

ベストタイミングです

このリベットまで削ってしまう位まで来ると自走不可状態になります

DSC_3394

更にレリーズベアリングと呼ばれるパーツも交換します

この3点で一般的なクラッチ基本セットになります

 

レリーズベアリングの方が状態は悪かったです

錆がでており、ゴロゴロと異音がでていました

恐らくこのまま使い続けるとクラッチの残量よりこちらのベアリングが

先にダメになったかと思います

DSC_3396

新たなクラッチを組み込み、ミッションを戻せば作業完了

各部確認、走行テストを行ってからご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2018’ kobayashi- motors All Rights Reserved.