HOME > 整備レポート > トヨタ修理 > トヨタ70ランクルプラド修理
 

トヨタ70ランクルプラド修理

トヨタ 70ランドクルーザープラド エアコン効かない修理

DSC_2667

トヨタ 70ランドクルーザープラド エアコン効かないとこ事でご入庫です

症状としては以前にガスを一度補充したが、直ぐに効かなくなってしまった

との事です

前回充填してからの期間も短いので、どこかしらから多量にガスが

漏れていると思われます

早速ピットにてガス漏れの診断を進めていきます

DSCF0843

ガス漏れ点検には蛍光剤と呼ばれる特殊なオイルをエアコンシステム内

に入れ、ガスと一緒に漏れてくのを待ちます

こうする事で通常目に見えないガスの漏れ箇所に色が付き特定する事が

容易になります

 

エアコンシステムを順に点検していき、漏れの原因箇所を特定していきます

今回エンジン廻りには漏れは見つかりませんでしたので最後に残るは

エバポレーターと呼ばれる室内側のパーツになります

DSCF3796

このお車では丁度グローブボックス裏手に取り付けられています

一般的なお車ですとこれを外すのにダッシュボートを全て取り外す

必要があるのですが、ワイルドな造り?の為、比較的簡単に隙間から

取り外す事が出来ました

これによって工賃も全く変わってくるので良かったです

DSCF3797

DSCF3799

もう一つ上の写真でも分かる通り、外からエバポレーターを直接

見る事はできません

ですので消去法で暫定的に原因を決め、外す事になります

 

実際に取り外したエバポレーターを確認すると「当たり」でした!

専用のブラックライトを当てるとガスと一緒に漏れ出た蛍光剤が光ります

写真赤丸部、かなり小さいですが緑っぽく光っている箇所がガスの漏れ箇所です

ガスは気体ですので、針で突いた様なこんな小さな所からでもあっと

言う間に漏れ出てしまいます

DSCF0841

DSCF0837

ガス漏れ修理の場合、漏れ箇所を特定するまでが大変ですが逆に

解ってしまえば修理は簡単です

 

漏れていたエバポレーターを新品に交換、分解ついでに同じくエアコン廻りの

部品であるエキスパンションバルブも同時交換を行います

こちらもこのタイミングでしか交換できませんので同時交換を

お勧めさせて頂きました

 

新たなパーツを組み付け、ガスを充填すれば作業完了です!

無事エアコンも復活しまいたのでご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2018’ kobayashi- motors All Rights Reserved.