BMWMINI修理

BMW MINI R53 発電警告灯点灯 オルタネーター交換修理

DSCF0919

BMW MINIクーパーS R53 発電警告灯点灯にてご入庫です

走行中に気づいたら警告灯が点灯していたとの事です・・・!

早速ピットにて診断を進めていきます

DSCF0931

メーターにはバッテリーのマークの警告灯が点灯しています

過去に経験済みの方は知っているのですが・・・何を意味するか知らない方

も多いこの警告灯!

これは国産車でも輸入車でも取り付けられており、これが光ると言う事は

車の発電機が動いていない事を意味します

「バッテリーの交換時期ですよ」なんて意味合いではないです!

ですので、よく「走っちゃって大丈夫でしょ?」と聞かれますが、これはNG!

 

本当に発電機が不良の場合、今車が動いているのはバッテリーに蓄えてある分

の電気で動いている為で、バッテリーを使い果す(大よそ30分~1時間)

で完全にエンスト、その後は当然再始動等はできない状態になってしまいます

 

点灯した場合は即、ロードサービスがベストです!

DSCF0929

DSCF0920

と言う訳で診断を進めていきます

診断の結果、やはり発電機(オルタネーター)の不良を確認する事ができまた

 

オルタネーター故障に関しては国産車、輸入車問わず長く乗っていれば

いつかは壊れるポイントです・・・!

DSCF0928

お客様にお見積りをご確認頂き、ご了解を頂きましたので修理を進めていきます

当店でご紹介するMINIはよくこの状態になっていますが・・・

今回もフロントバンパー、ラジエターキャリア等を外しエンジン前方の

スペースを作って交換できる状態にしていきます

DSCF0922

DSCF0926

ここまで分解するとオルタネーターが見えてきます

今回はOEM品のオルタネーターを使用し修理を行います

オルタネーター交換後バンパーなどを戻せば作業完了です

最後に発電が復活し、警告灯が消えているのを確認してから

ご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.