BMWMINI修理

BMW MINI R56 クーラント漏れ修理 サーモスタット交換

DSC_0439

BMW MINI R56 クーラント漏れ症状にてご入庫です

症状としては冷却水レベル警告灯が表示し、ご自分で確認されたところ

リザーブタンクに全く冷却水が入っていなかったとの事です

 

早速ピットにて点検から進めていきます

DSC_0345

リフトアップし、車を下から点検すると丁度ミッションケースから

冷却水が滴っていました

写真赤丸部、緑に見える液体が冷却水(クーラント)になります

DSC_0443

続いては車両上から診断を行います

ミッション辺りから漏れていましたのでその真上の部分を点検していくと

漏れ箇所発見です

 

写真は作業途中ですので、外して漏れた冷却水が溜まっていますが

写真赤矢印部、エンジン端に取り付けられているサーモスタットから

冷却水が漏れ、その下のミッションケースに溜まっています

最終的にそれが伝ってミッション下部から滴り漏れていました

DSC_0449

お客様にお見積りを確認して頂き、ご了解を頂きましたので

修理を進めていきます

R50系の時にも非常に多かったサーモスタットからの冷却水漏れですが

R56系になりエンジンが変わっても同様に漏れが多い箇所です・・・!

 

サーモスタットを取り外し、漏れていた冷却水を綺麗に清掃していきます

DSC_0445

サーモスタットは近年の輸入車では多い諸々が一体のタイプです

電制サーモスタットに水温センサー、各水路とが一体になっています

 

今回はこのサーモスタットの製造時の接着面から漏れてしまっているので

丸ごと交換を行います

 

新たなサーモスタット交換後、冷却水を充填すれば作業完了です

最後に再び漏れが無い事を確認してからご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2018’ kobayashi- motors All Rights Reserved.