HOME > 整備レポート > スバル修理 > スバルフォレスター修理
 

スバルフォレスター修理

スバル フォレスター 冷却水漏れ修理 ラジエター交換

DSC_0790

スバル フォレスター 冷却水漏れ修理にてご入庫です

お車は走行中に水温計が一気にヒートまで振り切ってしまったとの事です

 

オーバーヒートは最悪、エンジン本体を痛めてしまう怖いトラブルですので

もし走行中に気が付いた場合は、直ぐに停車し、出来ればロードサービス等で

修理工場に持って行ってしまうのが安パイです

 

早速ピットにて診断を進めていきます

DSC_0791

エンジンルームを確認すると飛び散った冷却水が跡になり、点々と

まだら模様が付いてるのが分かると思います

何れかの原因で冷却水が回路の外に飛び出したと言う事です

DSC_0792

車両をリフトアップし、車両下側から点検を行うと漏れた冷却水が

滴になっているのを発見!

オーバーヒートの原因は冷却水漏れにより、冷却水が減ってしまった事が

原因です

 

後は漏れ箇所の断定を行えば点検完了になります

診断を続けると、ラジエター本体が割れているのを確認出来ました

DSC_0796

DSC_0793

お客様にお見積りを確認して頂き、ご了解を頂きましたので修理を

進めていきます

今回はラジエター本体の割れでしたので、ラジエターを丸ごと交換する

必要があります

 

スバルの水平対向エンジン「EJ」のモデルはインプレッサでも、

レガシィでもフォレスターでも比較的エンジン前側の作業性は良いです

今回のラジエターもエンジン前側に付いているパーツですので

比較的簡単に取り外す事ができます

DSC_0794

古い方のラジエターはホースの取り付け部から大きな割れ(クラック)

が入っています

これだけ割れていればかなりの冷却水が漏れてきてしまいます

DSC_0795

今回も小林モータースでは定番の純正形状の社外ラジエターで修理を行います

性能は変わらず、お安く修理できます

 

新たなラジエターを組み付けて、冷却水を充填すれば作業完了

冷却水漏れがしっかり直っていえる事を確認し、ご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2018’ kobayashi- motors All Rights Reserved.