HOME > 整備レポート > ニッサン修理 > 日産リバティ修理
 

日産リバティ修理

日産 リバティ エンジン始動不可修理 クランク角センサー交換

DSC_0390

日産 リバティ エンジン始動不可修理にてご入庫です

症状としては走行中に突然エンスト、その後再始動出来なくなってし

まったとこ事です

早速ピットにて診断を進めます

DSC_0397

ロードサービスでキャリアカーにてご入庫後、エンジンをかけてみると

始動する事が出来ました!ですが、再び10分程度でエンスト・・・!

写真の様にエンジンチェックランプが点灯していましたのでテスター診断機

にて診断を行います

 

診断の結果、原因はエンジンの回転数を感知しているクランク角センサーと

呼ばれるパーツでした

実際にエンジンが回っている(動いている)か、どのぐらいで回っているか

を見る為に付いているセンサーです

ですので、これがダメではエンジンのコンピューターもエンジンが動いている

かどうかすら解らないので、制御のしようも無くエンストしてしまいます

DSC_0391

DSC_0395

原因さえ分かれば修理はセンサーを交換すればOKです

が、このリバティは交換も少し大変・・・!

写真は車両下側から撮った写真ですが、原因のクランク角センサーは

赤矢印の奥の方にあります

 

2枚目、アップに寄った写真でも殆ど見る事が出来ません

写真では陰になってしまっている辺りに肝心のセンサーはあります

DSC_0393

正攻法ではサブフレーム、エンジンマウント等分解が必要ですが

今回は工具を駆使して隙間から交換を行います

 

センサー自体は写真の様に円柱形のパーツで大きさも数センチのもの

ですが、これが不良なだけでエンジンがかからない非常に重要な

パーツです!

センサーを新旧比較すると新しい物は対策されているのがわかります

各部肉厚になり、センサー部(赤矢印部)も樹脂から金属に素材が

変更になっています

DSC_0398

センサーを交換すれば修理完了です

無事にクランキング一発で始動出来る様になりました

 

最後に車に残っているエラー情報をテスターにて消去すれば、点灯してた

エンジンチェックランプも無事消灯します

 

再度エンストを起こさない事を確認してからご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.