HOME > 整備レポート > トヨタ修理 > トヨタハイエース修理
 

トヨタハイエース修理

トヨタ ハイエース 下廻り損傷修理 エンジンオイルパン交換

DSCF2579

トヨタ ハイエース 下廻り損傷にてご入庫です

お車は走行中に縁石に下廻りをヒットしてしまったそうで、それ以来

オイル漏れとエンジンから異音が発生しているとの事・・・!

それでは早速ピットにて点検を進めます

DSCF2575

DSCF2578

車をリフトアップし下廻りを点検すると、エンジンオイルを貯めている

オイルパンと呼ばれるパーツがベッコリと凹んでしまっています

 

またヒットした時の衝撃でオイルパンとエンジンの接着面が一部剥がれ

そこからオイル漏れを起こしていました

この様にオイルパンをヒットしてしまうと、穴が開いてしまうケースが

多いです

穴が開いてしまうとそこから一気にオイル漏れを起こし、自走不可に

なってしまうので、自走できる位に留まったのは不幸中の幸いです!

DSCF2584

DSCF2585

DSCF2586

全体的なお車の状態は分かりましたが、異音(ダダダダという様な異音が

エンジン回転に連動して発生)とエンジン内部へダメージが及んでいないか?

の確認の為、潰れたオイルパンを外しエンジン内部を点検していきます

 

外して点検を行うとオイルパンが潰れた衝撃で、エンジンオイルの吸い上げ口

であるストレーナーと呼ばれるパーツまで曲がっているのを発見!

 

写真の様にストレーナーのステー部分が根元より曲がりストレーナー自体が

上にずれてしまっています

オイルの供給不良に至らず良かったです・・・!上手くオイルが吸えずに

供給不足になってしまうと、最悪エンジンオーバーホールや

エンジンの乗せ換えが必要になってしまいます

DSCF2635

DSCF2636

エンジンからの異音の原因もこのストレーナーでした!

ストレーナーが上にずれた為、エンジンの回転部分に接触してしまい、

打音の様な異音が発生していました

写真でも分かる通り、こすれた跡がクッキリ残っています

DSCF2634

DSCF2640

DSCF2646

異音の原因も判明し、エンジンの内部パーツへのダメージもこれ以上は

確認できませんでしたので、お客様にお見積りを確認して頂き、

実際に修理を進めていきます

 

曲がってしまっているストレーナーは勿論新品に交換交換!

同様に潰れてしまっているオイルパンも新たな物に交換していきます

仕上げにエンジンオイルを規定量充填すれば作業完了です

 

無事にオイル漏れも異音も完治出来ましたのでご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.