HOME > 整備レポート > マツダ修理 > マツダデミオ修理
 

マツダデミオ修理

マツダ デミオ タイミングベルト交換

DSCF0989

マツダ デミオ タイミングベルト交換にてご入庫です

タイミングベルトは殆どのメーカーで10万キロ前後での交換が指定に

なっているメンテナンス箇所です

現在ではベルトではなくチェーンを使用している車が増えましたので

徐々にタイミングベルト交換という作業も少なくなりつつあります

 

それでも今回のお車のデミオやエスティマ、アルファード系

インプレッサやレガシィ等スバル系、輸入車ではアウディ、VW等

まだまだ現役の車も多いですよね!

それでは早速ピットにて作業を進めます

DSCF0994

タイミングベルトはエンジンの根幹的な部分のパーツですので

どの車種でもある程度分解が必要になります!

早速エアクリーナーBOXやインテークダクト等を分解していきます

DSCF0995

今回は同時にオイル漏れを起こしていたヘッドカバーパッキンも交換しますので

こちらも一緒に外してしまいます

カバーを外すとヘッド内部の構造が見えますので一気に「エンジン!」という

感じになりますね!

DSCF0996

色々なパーツを外し、大分エンジンルームがスッキリしてきました

ここまでくれば実際にタイミングベルトを交換する事ができます

DSCF0998

写真の上と下の歯車を繋げるベルトがタイミングベルトです!

エンジンの中で上部分と下部分の仕事のタイミングを合わせている

重要なベルトですので、よく言われる様に走行中に切れてしまうと

エンジン本体を壊してしまうケースもあります

DSCF1038

今回はベルト交換と同時にウォーターポンプや写真赤矢印部にある

回転部分のパッキンとなる「シール」と呼ばれるパーツも同時に交換します

このシールですがパーツ自体はいくらもしないものですが、

交換はこのタイミング(タイミングベルトを外した後)でしか出来ないので

同時交換がおススメです

後々ここからオイル漏れしてしまうと大変ですからね・・・!

DSCF1039

DSCF1042

タイミングベルト一式、その他上記の付属品等を交換すれば

タイミングベルトの交換OK!

最後に分解していたベルトカバーや補器類を戻せば作業完了です

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2017’ kobayashi- motors All Rights Reserved.