HOME > 整備レポート > スバル修理 > スバルレガシィ修理
 

スバルレガシィ修理

スバル レガシィ 社外マフラー破損 中古マフラー交換修理

DSCF0988

スバル レガシィ マフラー破損修理にてご入庫です

お車は駐車場で輪留めにマフラーを引っ掛けてしまい、そのまま車を

発進させたところ破損してしまったとの事です・・・!

社外マフラーを付けていると結構やってしまうポイントです

早速ピットにて診断を進めます

DSCF0977

車輌をリフトアップし点検すると、マフラーを固定するステーが破損

していました

ご自分で応急処置されたそうで、現在は針金で仮止めされています

DSCF0978

逆側のステーは破損こそしていないもののステーとマフラーバンドが

はずれてしまっています

本来青矢印のステー(棒)が赤矢印の部分に取り付けられていなければ

ならないのですが、マフラーパイプが曲がってしまった為に外れており

位置も変わってしまっている状態です

DSCF0981

お客様とご相談した結果、もともとは社外マフラーでしたが、「ノーマルの

方がいいかな?」というお客様のご要望もあり、今回は中古の

ノーマルマフラーにて修理を行う事になりました

 

まずはメインサイレンサー部から!不良は右側だけでしたがノーマルに

戻す都合上、左側もセットで交換します

DSCF0982

DSCF0983

曲がりが出てしまっていたセンターパイプ!

こちららは元々ノーマルでしたので、そもまま中古ノーマル品に交換です

 

この位の年式であれば中古マフラーも程度の良い物が多いのでオススメ

できます

DSCF0987

サイレンサー左右、センターパイプともノーマルの中古を取り付ければ

作業完了です

無事しっかりと取り付ける事ができました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2017’ kobayashi- motors All Rights Reserved.